妥協婚 Vol.4

「夫に触れられたの、いつだっけ・・・?」朝まで帰ってこない男を待つ、妻の悲鳴

一生に一度であるはずの、結婚。

できれば妥協はしたくない。

だが経験者たちは口を揃えて、「どこか妥協した方が良い」と言う。

結婚するには、何かを妥協しなくてはいけないのだろうか?本連載では、その核心に迫る―。

先週は、妻の学歴を妥協した結果、モヤモヤを抱える男性を紹介した。今週は?


【File4:年収に固執していた女】

名前:麻里子
年齢:30歳
職業:歯科医院の受付
結婚歴:3年
旦那の職業:5歳年上の外資系法律事務所勤務


「私、ずっと婚活していたんです。だから今の夫である和人に出会えて、しかも結婚までできて。本当に嬉しかったんですよね」

『CICADA』のテラス席に着くなり、そう告白してくれた麻里子さん。20代の早い段階から結婚を視野に、ひたすら自分の条件に合うような、高収入で素敵な男性を探してきたという。

「元々、家がそんなに裕福ではなかったんです。貧乏ってわけではないけれど、いわゆるごく普通のサラリーマン家庭で、ブランド品なんて買ってもらえる訳もなく…。大学に入って出会ったお金持ちの同級生とかを見て、ものすごくコンプレックスを抱えていたんです。だから結婚する際に、年収だけは譲れない条件でした」

その宣言通り、ご主人の和人さんは外資系の弁護士事務所勤めの超エリート。

現在の年収は2,500万ほどだというが、優秀な和人さんは将来事務所のパートナーになれる可能性が濃厚で、そうなると年収は4,000万以上へと跳ね上がる。

赤坂のタワーマンションに住み、夫婦の愛車はベンツのSクラス。毎晩豪勢なディナーとまではいかないものの、年に2回は海外旅行へ行き、ある程度の物は買え、ストレスフリーな生活ができる年収2,500万の生活。

しかし、今の麻里子さんにはどうしても我慢できないことがある。


「夫の愛情を、感じられないんです・・・」

【妥協婚】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo