シュガー&ソルト Vol.5

交際2年目で、誘われなくなった女。一晩“既読スルー”された挙句に起きた悲劇

女の人生、その勝敗はいつ決まるのかー?

それは就職・結婚・出産など、20代で下した決断に大きく左右される。

ある分岐点では「負け」と見なされた者が、別の分岐点では幸せを勝ち取っていることなんてザラにあるのだ。

昔からその分岐点において、全く異なる結果になる2人がいた。その2人とは福岡出身の幼馴染、塩田ミキと佐藤菜々子。

2019年、28歳のミキは唐突に菜々子の”玉の輿婚”を知る

遡ること、5年前の2014年、高学歴女子の菜々子は派遣社員になっていた。一方、ミキは大手化粧品会社に就職を決め、煌びやかな生活を送りつつも仕事の厳しさにも直面する。

それから2年後の春、25歳となったミキは”想定外”の曲がり角にさしかかろうとしていたー。


“想定外”の序章


「香織さん、仕事に生きるタイプだと思ってたのにな〜」

会社の先輩である香織の結婚式の帰り道、同じ部署の同期たちはそんなふうに感想を口にした。

香織は31歳で、ミキたちは24、5歳。結婚が現実になっていく年齢と、結婚を夢見る年齢だ。ミキたちは結婚というものがまだ現実味を帯び......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
重なるよね。重なっちゃうんだよね。
よーくわかる!!!
2019/05/07 06:0999+返信5件
No Name
人生、勝敗なんてないし、人生の一部を切り取って判断できるものじゃない。
2019/05/07 05:1098返信1件
No Name
こんな風に何かとうまくいかないことが重なる時期もありますよね。それを乗り越えた時に1つ上のステージに行けるのではないかなー😊
火曜日だめんずストーリーはつまんないけど3つあるからうれしい❣️
2019/05/07 05:1581
No Name
仕事は普通でも、自然に周囲への気遣いができたり、飲み会の企画も積極的にやってくれるタイプの子っていますよね。上司から可愛がられそうだし、男性からもモテそう。そういう子って人当たりもいいから、職場や飲み会にいると本当に助かります。
私もミキと同じくそういうことあんまりできないタイプなので、見習わなきゃと思いました…😂
2019/05/07 06:3368返信2件
No Name
お相手の海外赴任での寿退社なのに退職祝いにホーロー鍋って迷惑だしセンスなさすぎでは💦
2019/05/07 07:0365返信6件
もっと見る ( 36 件 )

【シュガー&ソルト】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo