シュガー&ソルト Vol.12

“男児の出産”を期待される女と、大企業を辞めようとする女。29歳、彼女たちの運命とは

女の人生、その勝敗はいつ決まるのかー?

それは就職・結婚・出産など、20代で下した決断に大きく左右される。

ある分岐点では「負け」と見なされた者が、別の分岐点では幸せを勝ち取っていることなんてザラにあるのだ。

昔からその分岐点において、全く異なる結果になる2人がいた。その2人とは福岡出身の幼馴染、塩田ミキと佐藤菜々子。

化粧品会社でキャリアに邁進するミキと、同窓会で会った開業医の跡取り・直弥と付き合い始めた菜々子。

対照的な道のりをたどった、29歳の2人の運命とはー?


29歳のミキ


ーきれいな銀杏並木……。

30歳まで残り3ヶ月となったこの秋、ミキは外苑前の銀杏並木の前に、1人で立っていた。

夏の帰省から戻り、恵比寿に再び降り立った時、ミキは急にこの街が自分に合わなくなったように感じた。そして、6年ほど暮らした恵比寿を出ることに決め、外苑前に引っ越してきたのだ。

順調に出世してきたミキの新居は、1Kから1LDKにグレードが上がった。

外苑前は恵比寿よりも落ち着いていて、もうすぐ30代を迎えるミキの気分にそっと寄り添う。自然の景色を美しいと感じたのはいつぶりだろうかと、ふと考えた。 20代前半は夜景の明かりやキラキラしたネオンにばかり目を向けていたような気がする。

ミキはベンチに腰を下ろし、ふとスマホを手に取った。登録した転職サイトからたくさんのメールが届いている。

安泰の大企業で順調に出世してきたが、希望していた海外での仕事は叶いそうにない。現実と理想の狭間でもがき切ると、最近は退屈な感覚が目立つようになっていた。

さらに、友人たちの結婚や出産という当の本人にしか背負えない決断をしていく姿を目にし、大企業に守られるのではなく、より自分自身で責任と結果を背負えるような環境に身を置いてみたいと思うようになったのだった。

ーこの中のどこかに、自分がもっと輝ける場所があるのかな……。

ミキは30代で戦う場所を、もう一度探そうとしていた。

【シュガー&ソルト】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo