シュガー&ソルト Vol.12

“男児の出産”を期待される女と、大企業を辞めようとする女。29歳、彼女たちの運命とは

女の人生、その勝敗はいつ決まるのかー?

それは就職・結婚・出産など、20代で下した決断に大きく左右される。

ある分岐点では「負け」と見なされた者が、別の分岐点では幸せを勝ち取っていることなんてザラにあるのだ。

昔からその分岐点において、全く異なる結果になる2人がいた。その2人とは福岡出身の幼馴染、塩田ミキと佐藤菜々子。

化粧品会社でキャリアに邁進するミキと、同窓会で会った開業医の跡取り・直弥と付き合い始めた菜々子。

対照的な道のりをたどった、29歳の2人の運命とはー?


29歳のミキ


ーきれいな銀杏並木……。

30歳まで残り3ヶ月となったこの秋、ミキは外苑前の銀杏並木の前に、1人で立っていた。

夏の帰省から戻り、恵比寿に再び降り立った時、ミキは急にこの街が自分に合わなくなったように感じた。そして、6年ほど暮らした恵比寿を出ることに決め、外苑前に引っ越し......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
子供の性別決めるのは男の精子だから、女に言われてもねえ。大昔の物語なら「女腹」だの「申し訳ございません」だの「でかした!」もありだけど、21世紀よ?
注文も文句も、あんたの息子に言ってよね。
2019/06/18 05:3199+返信10件
No Name
ライフステージって変わっていくからわだかまりなんてなくても何気に会わなくなる友達っているよね。
2019/06/18 05:4299+返信5件
No Name
一話目の「いつしか疎遠になった、幼馴染み」って結構刺さるフレーズだったけど、その後はあんよく分からない展開だったな
2019/06/18 05:2199+返信4件
No Name
最後、ミキの成長が感じられるいい回だったな…。勝ち負けじゃなくて、退屈な人生は嫌だ、って清々しかった。いい話でした。
2019/06/18 06:3894返信10件
No Name
すごく好きな話のラスト。お互い成長感じられて、会えたけど、もう2人はうまく言葉が交わせないって切ないけどリアルだな。ミキも強くなって、海外で頑張ってほしい。
2019/06/18 06:4467返信3件
もっと見る ( 111 件 )

【シュガー&ソルト】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo