無業の女王 Vol.11

34歳になっても自立できなかった女が、誰かに寄生する日々に終止符を打とうと思えた理由とは

34歳、国立大卒の美しき才女、高木帆希

「家事手伝い」という名の「無業」で10年もの間、ぬくぬくと過ごしてきた帆希に、突如、降りかかった「父の死」。

年下の彼氏・牧野涼輔の家に転がりこもうとするも別れを告げられ…

二子玉川の兄夫婦の元へと転がり込むも失敗…。

そんな中、何故か父・港一が助けた痴漢被害者の桧山泉と奇妙な共同生活を送ることになった最中、泉の妊娠が発覚し、お腹の子の父親であるユウジに話をつけにいく帆希。だが、ユウジの思いがけない行動により、帆希は泉との関係を壊されてしまう。

行くあてもなくたどり着いたインターネットカフェで、自分自身の過去を振り返った帆希は…。


「ごめんね、急に来ちゃって」

私は目白の家を訪ねていた。久しぶりに戻った我が家は、懐かしい匂いがした。

整備された林のように父の書架が並び、窓辺から射しこむ日の光で、母が選んだ調度品たちは〝母の個性″という色彩を放ちながら浮き上がっている…なんて妙に文学的な表現がしたくな......


【無業の女王】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo