無業の女王 Vol.3

“二子玉川で1番みっともない女”に成り下がった日。それでも曲げられない、34歳・無職の主張


「高層マンションって、何となく苦手だったけど…案外、いいもんね」

「お前、いきなり来て早紀を困らせんじゃないよ。昼も早紀が出したらしいじゃないか」

「義姉さんが、〝ここは出します″って言ってくれるからお言葉に甘えただけ」

「お前なあ…」

呆れたように深いため息......


【無業の女王】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo