無業の女王

34歳、国立大卒の美しき才女、高木帆希(たかぎ・ほまれ)。

父親は作家の傍らコメンテーターとしても人気の有名人で、「家事手伝い」という名の「無業」で10年もの間、ぬくぬくと過ごしてきた帆希。

そんな働かずとも裕福に暮らしてきた彼女に、突如、降りかかった「父の死」。

再び「社会」と向き合わざるを得なくなった無業の女は、どのようにサバイブするのか?

「無業の女王」に関する記事

    2019.02.03 Vol.11
    34歳になっても自立できなかった女が、誰かに寄生する日々に終止符を打とうと思えた理由とは
      2019.02.02 Vol.10
      「働かない」と決めた、34歳・高学歴・無職美女の行く末は?明日で最終話!「無業の女王」総集編
        2019.01.27 Vol.9
        黒い傘がもたらした不運。見知らぬ男から突然声をかけられ、人生初の挫折を味わった女
          2019.01.20 Vol.8
          初対面でいきなり頭を撫でてきた男の、底意地の悪い魂胆とは。34歳独身女がハマった罠
            2019.01.13 Vol.7
            あの日、あの時、あそこに行かなければ…。過去の傷を抱えた女2人の、奇妙な共同生活とは
              2019.01.06 Vol.6
              「僕なら裏切らない」耳心地の良い言葉を並べ、現代女性の“駆け込み寺”を作った男の正体
                2018.12.30 Vol.5
                初めての婚活で出会った、35歳こじらせ男との恐怖の一夜。急に態度を豹変させた、彼の正体とは
                  2018.12.23 Vol.4
                  意地でも離婚はしない。夫以外の男に縋りながら、虚しさを溜めこむ女の歪んだ愛情
                    2018.12.16 Vol.3
                    “二子玉川で1番みっともない女”に成り下がった日。それでも曲げられない、34歳・無職の主張
                      2018.12.09 Vol.2
                      働かずに生きてやる。彼に裏切られて人生最悪の日に下した、34歳・独身女の無謀な決断
                        2018.12.02 Vol.1
                        無業の女王:34歳、国立大卒、独身…家事手伝い。働かず暮らしてきた女が突然、社会に放り出された日