有馬紅子 Vol.16

「相談に乗っていただけますか?」弱みを見せたフリして近づいてくる女の、暴走が始まる時

深窓の令嬢が、超リッチな男と結婚。

それは社会の上澄みと呼ばれる彼らの、ありふれた結婚物語。

有馬紅子(ありま・べにこ)もそんな物語の一人として17年間幸せに暮らしてきた。

しかし突然、夫・貴秋が若い女と駆け落ち同然で家を出てしまい、紅子のプライドは消えかける。

しかし就職に成功し、新たな一歩を踏み出した紅子。始めての売り上げを上げその手段が、周囲のスタッフを魅了していく。そんなある日、紅子は、久しぶりに月城家に呼ばれることになったが、そこで手紙の謎が明かされ、夫の貴秋送り主に気がつき、その主を呼び出し問い詰める。一方の紅子は、上司から突然告白されて…。

「社会経験、ほぼゼロ」。有閑マダムのレールから強制的に外された女・有馬紅子のどん底からの這い上がり人生に迫る。


「…好意?それは…恋い慕う…つまり恋慕の情、ということでしょうか?そして今、私の返事をお待ちになっている、という解釈でよろしいのでしょうか?」

会社に戻る車内。僕が発した衝動的な告白の後、しばらく黙って考えていた有馬さんが発した真っ直ぐすぎる質問に、僕はなぜ今言ってしまったのか......


【有馬紅子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo