セカンドの逆襲 Vol.10

「私は、負けない」セカンド女の弱った復讐心に火をつけた、本命彼女の挑発的なSNSとは

ー夢は極上の男との結婚。そのためには、どんな努力も惜しまない。

早川香織、26歳。大手IT企業の一般職。

世間は、そんな女を所詮「結婚ゴールの女」と馬鹿にするだろう。

しかし、先入観なんぞに惑わされず、彼女の“秘めたる力”をじっくりと見届けて欲しい。

vsハイスペ男との熾烈な戦いを...!

最高の彼氏だと信じていた拓斗にとって、実は香織はセカンドだった。パリへの失恋旅で出会った塚田雅也から、香織の持つ凄い可能性を指摘される。香織は偶然出会ったサブバッグで、起業を考えるが…。


「君に起きている最高にラッキーなこと、それは…」

塚田雅也は思わせぶりに一呼吸置いた。けれど香織は正直、先ほどから彼の言葉に付いていけていなかった。

自分が思いつきで言った「誰でも簡単にデザインできる、オリジナルのサブバッグ」の話に対して、雅也に「起業するのもいいんじゃな......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
拓斗からの連絡を突っぱねればいいけど…
ホイホイと応対すると舐められる。
2018/08/20 05:2499+返信26件
No Name
とってもラッキー、が自分に会えたこと。ドンピシャに当たって笑ってしまった。
2018/08/20 05:3599+返信1件
No Name
一週間で事業計画書とプレゼン準備?書き方から始めるのに、いくらアドバイスもらいながらでも果たして出来るものなんですかね?

仕事のミスを減らして効率を上げて周りの見る目が変わったっていうのも、そんな短期間で気付かれるもの?よっぽど今までひどかったのかしら。

いくら小説でもあまりにも現実離れし過ぎではないでしょうか?
2018/08/20 06:4099+返信7件
No Name
クズからの典型文「久しぶり。元気?」
2018/08/20 08:2488返信22件
No Name
なんでLINEブロックしない?
2018/08/20 05:1575返信4件
もっと見る ( 139 件 )

【セカンドの逆襲】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo