セカンドの逆襲 Vol.1

セカンドの逆襲:夢はハイスペ男との結婚。“脳内お花畑OL”を待ち受ける、恋人の悲惨な裏切り

ー夢は極上の男との結婚。そのためには、どんな努力も惜しまない。

早川香織、26歳。大手IT企業の一般職。

世間は、そんな女を所詮「結婚ゴールの女」と馬鹿にするだろう。

しかし、先入観なんぞに惑わされず、彼女の“秘めたる力”をじっくりと見届けて欲しい。

vsハイスペ男の熾烈な戦いが、今、幕を開ける...!


「香織さん、今日はデートですか?」

早川香織、26歳。大手IT企業の一般職で、総務に所属している。

ほどよく体のラインが出るベージュのワンピースから、すらりと伸びる白く長い手足。艶のある髪に潤んだ瞳。そして、ぽってりとした血色のいい唇。自分で言うのも何だが、香織は恵まれた容姿をしている。

時刻は18時を少し過ぎたところ。退社前に会社のお手洗いで入念に化粧直しをしていると、後輩の由紀子に声をかけられたのだ。

「うん、拓斗が今日は珍しく早く帰れそうだって言うから…」

そう言った香織の声は、いつもよりハリがあり、どこか誇らしげだ。

「良いなー。香織さんの彼氏って、外資企業に務めるエリートですよね?その上見た目もカッコ良いなんて、完璧ですね 」

由紀子が持ち上げるように言うと、香織はふふっと笑ってゆっくりとコンパクトを閉じた。

「由紀子ちゃんの彼氏だって、広告代理店だし素敵じゃない。お互いゴールイン目指して頑張ろうね」

「はい、ではお先に失礼します」

彼女たちの会話はいつもこんな感じだった。会話の中心は美容やファッション、好きな俳優、そしてやはり恋愛話だ。

どんな職業の人たちと食事会をするか、彼氏とどんなレストランに行ったか、プレゼントは何か。そして、どんな人と結婚をするのか、が最大の関心事だ。

「よし、完璧」

香織は鏡に向かって得意の“悩殺スマイル”をし、最終チェックを終えた。



「遅くなってごめんね」

待ち合わせ場所の『西麻布 くすもと』に、仕事を抜けて来たという拓斗が少し遅れてやって来た。香織より3歳上の拓斗とはお食事会で知り合い、付き合ってもうすぐ1年になる。

外資系投資ファンドで働いている彼は、仕事が忙しく、普段あまり頻繁に会うことができない。それだけに、会える日は貴重だった。

【セカンドの逆襲】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo