セカンドの逆襲 Vol.9

好きだった感情は簡単に消えない。傷心のセカンド女を焚きつけた、大いなる逆襲への道

ー夢は極上の男との結婚。そのためには、どんな努力も惜しまない。

早川香織、26歳。大手IT企業の一般職。

世間は、そんな女を所詮「結婚ゴールの女」と馬鹿にするだろう。

しかし、先入観なんぞに惑わされず、彼女の“秘めたる力”をじっくりと見届けて欲しい。

vsハイスペ男との熾烈な戦いを...!

最高の彼氏だと信じていた拓斗にとって、実は香織はセカンドだった。

パリへの失恋旅で出会った塚田雅也から、香織の持つ凄い可能性を指摘され、“心がときめく物”を探そうと決意する。そんな時、あるサブバッグが目に入り…


―わぁ、もう夜明け…!?

香織は一睡も出来なかった。昨日見かけた素敵なサブバッグから色々と妄想しているうちに、アイデアが溢れて止まらなかったのだ。

こんなことは初めてだった。これまで拓斗のために、料理をあれこれ試行錯誤したり、メイクや髪型のアレンジで夜遅くまで頑張ったこと......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
パリ在住の港区おじさんのお話ですか?
2018/08/13 05:4199+返信8件
No Name
香織のいつも人にすがろうとするところが好きになれない。頼ってる人が元カレからパリおじさんに変わっただけなような気がする。
2018/08/13 07:1899+返信4件
No Name
最高にラッキーなこと、なんだろ?自分に会えたこと、とか言うのかな?
2018/08/13 05:2399+返信5件
No Name
話が逸れてきたな。

やはり香織の幼稚なところに共感できないというか、シラケてくるというか・・
今までは本当に拓斗のためだけに時間を費やしてたのね。
2018/08/13 07:0766返信10件
No Name
明日帰国なのに、「明日の夜空いてますか?」じゃ、おかしくないですか??
2018/08/13 07:1462返信6件
もっと見る ( 117 件 )

【セカンドの逆襲】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo