3,800円でおまかせ9品の和食! 後輩の悩みをじっくり聞くにはこういう静かな店が都合いい!

和食店でしっかりコースを食べようとすれば、ひとり1万円はくだらない。

しかし、新橋の『美の』であれば、ふたりで1万円で十分。料理・酒・ムードと三拍子そろって費用対効果も申し分なし。

予約困難も当然の新橋を代表する人気和食店がここだ。


毎月のように通う人も多い人気和食店。立派すぎるコースが3,800円という衝撃
『美の』


場所は、新虎通りを挟んで駅とは反対側。駅前から歩いたなら7、8分ほどの距離だろうか。飲食店が次第に少なくなる中、土壁に木戸という趣ある外観が現れると、ちょっぴり安堵する。

店は、玄関で靴を脱いで上がるスタイルで、抑えめな照明が落ち着いた雰囲気を醸し出している。カウンターはもちろん、すだれで区切られたテーブル席もあり。

ほどよくプライベート感が保たれるから、複数人で酌み交わしたいというシチュエーションにも最適。

揚げ物の「海老しんじょう」は、擂った海老の身に水切りした豆腐を合わせることで、ふわっとして軽い食感に。カラリと揚げて、山椒塩とともに。夏場は、とうもころしの揚げしんじょうも登場する

料理は毎月内容が変わるおまかせコース1種類のみ。注文にあれこれ悩む必要がなく、会話に集中できるのもメリットだ。

コースの内容は、人気の「自家製豆腐」ともう一品の前菜2種に始まり、お造り・焼き物・椀物・揚げ物・温物に土鍋の炊き込みごはんの9品。盛り付けも美しく、女性のリピーターが多いのもよくわかる。

駅至近とは言えない、飲食店としてはやや不利とも言える立地をものともせず、2013年のオープン以来、連夜満席の理由はここにあり、だ。

コースを絞り込んでいることで無駄を省き、その分金額を抑えているという。

料理のパートナーたる日本酒のラインナップが充実しているのも頼もしい。常時30銘柄以上がそろい、いずれも一合/半合でオーダーが可能。ゲストの男女比はおおよそ半々。

焼き物は、この日は安定した人気を誇るサワラの塩焼きが登場

道明寺粉を使い、ホタルイカやたけのこ、菜の花などを一緒に蒸した道明寺蒸し。料理はいずれもおまかせコース¥3,800より

お造りは、水ダコ、真鯛、シマアジの炙りの3種盛り合わせ。皿の縁に添えられた、アンガスの岩塩で食するのがおすすめ

だが、金曜は前もって予約を入れる女性同士のグループが多く、予約困難度が他の曜日以上にアップする。

ただし、至近距離に、同じ内容のコースをいただける支店『美の はなれ』があるので、諦めず連絡を。

この内容、この雰囲気で、この価格。後輩に奢る機会が多いデキるビジネスマンこそ、こういう店は覚えておきたいものだ。

Photos/Shohei Saito, Text/Haruka Koishihara

ひとつ上の新橋へ。本日発売の月刊誌「東京カレンダー7月号」は一冊すべて、新橋特集!

いつもと違う「上質な新橋」を大人は知っておくべき!

「新橋には期待していない」、なんて貴方のために「ひとつ上の新橋」を完全網羅!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は5/21(月)!

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる「神泡体感キット」をもらおう!
アンケートはコチラから!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo