朝子と亜沙子 Vol.8

純粋な女を悪魔に変えた、8年という月日。“妬みの標的”となったトップセールスが抱える苦悩とは?

ここはとある証券会社の本店。

憧れ続けた場所についに異動となった、セールスウーマン・朝子。

そこでは8年前から目標としていた同期の美女・亜沙子が別人のように変わり、女王の座に君臨していた。

数字と恋をかけた2人のアサコの闘いの火蓋が、今切られるー。


念願の本店に異動になった朝子だったが、同期・今井亜沙子は、数字の出来ない先輩に土下座をさせた上に、後輩を追い込んで逃亡させるという傍若無人な女だった。

ついには直属の上司である島村を執拗に追い込んだ今井亜沙子。

彼女はいかにして、女王と呼ばれる様になったのか…?それは、営業という職場においては、必然とも言える経緯であったー。


8年前の入社式の日。

亜沙子は沢山の同期に囲まれていた。少し学生気分も残しつつ、無邪気な気持ちで、これからの社会人生活に向けて期待で胸を脹らませる。

昔から亜沙子は、人一倍負けん気が強い。同期とはしゃいで見せながらも、心の底では”絶対に負けたくない”という思いを密かに持っ......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
女同士の妬みはウザい、男からの妬みは差別心も絡んできてもっと面倒くさい。
2018/05/30 05:1999+返信1件
No Name
最終項の最後の辺り、特に、妬まなければならない人生より妬まれ方が良い、
妬みは負け犬等のくだりは勇気を貰えたました。亜沙子は嫌いだったけど、同情してしまう。

自分が結婚して姑や小姑、郊外の時代遅れな職場、凡ゆる所で他所者扱いや妬みで体調を崩しています。亜沙子ほど鉄のようにはなれないけど、もっと強くなれる気がしてきました。
2018/05/30 06:3599+
No Name
今日本支店長との関係が分かると思ったのにぃ!オアズケか!彼が支店時代の理解者で、亜沙子にやましいところはない、ってことにはなってほしくないな。
2018/05/30 05:1899+返信6件
No Name
人から何言われても気にならない精神力を身につけたことは気高くて立派だと思う。だからこそ、わざわざ他人を蹴落とすっていう選択をしてしまうのが不思議で仕方がない。
2018/05/30 06:4363返信3件
No Name
こんなセクハラ発言が横行する職場ある?ってびっくり。
2018/05/30 05:4048返信3件
もっと見る ( 60 件 )

【朝子と亜沙子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo