朝子と亜沙子 Vol.8

純粋な女を悪魔に変えた、8年という月日。“妬みの標的”となったトップセールスが抱える苦悩とは?

ここはとある証券会社の本店。

憧れ続けた場所についに異動となった、セールスウーマン・朝子。

そこでは8年前から目標としていた同期の美女・亜沙子が別人のように変わり、女王の座に君臨していた。

数字と恋をかけた2人のアサコの闘いの火蓋が、今切られるー。


念願の本店に異動になった朝子だったが、同期・今井亜沙子は、数字の出来ない先輩に土下座をさせた上に、後輩を追い込んで逃亡させるという傍若無人な女だった。

ついには直属の上司である島村を執拗に追い込んだ今井亜沙子。

彼女はいかにして、女王と呼ばれる様になったのか…?それは、営業という職場においては、必然とも言える経緯であったー。


8年前の入社式の日。

亜沙子は沢山の同期に囲まれていた。少し学生気分も残しつつ、無邪気な気持ちで、これからの社会人生活に向けて期待で胸を脹らませる。

昔から亜沙子は、人一倍負けん気が強い。同期とはしゃいで見せながらも、心の底では”絶対に負けたくない”という思いを密かに持っていた。

初めての配属先は、池袋支店。

支店に初めて足を踏み入れた瞬間、亜沙子は浮かれていた自分がいかに甘かったかを思い知る事になる。

そこは、社会人生活を楽しむ場所とはほど遠い。

鳴りやまない電話の音。目をチカチカさせる、刻々と動く株価を映すPC画面。

与えられた席に座りながら、決して笑う事なんて許されそうもないこの雰囲気に、亜沙子はただただ圧倒されていた。

机の上には、パソコンと電話、そして自分の名前が書かれた名刺一箱のみが置かれている。

直属の上司・石川は仕事熱心だが、お世辞にも賢いとは言えない感じの男性だ。緊張した面持ちの新人を集めて、熱い眼差しを投げかけながら指示を出す。

「とりあえず、その名刺がなくなるまで新規開拓してこい!以上!」

「はい!」

勢い良く返事をし、その日から亜沙子の戦いは始まった。

池袋支店に配属された新人は計10名。彼らの成績はランキングにされ、毎日、支店の全員に配信された。一体、誰が一番優秀で、誰が使えない奴なのか?支店の先輩達が楽しそうにそれを見ているのだ。

夕方になり、石川が「新人、集合!」と号令をかけると、強ばった表情の新人達が石川を囲む様に一列に並ぶ。

同じ課に配属された新人は、亜沙子を含めて計3名だ。

「今日、何件開拓出来た?」

石川は椅子に座りながら、直立する亜沙子達に向かって尋ねる。すると、熊田という同期の男がか細い声で答えた。

「1件も出来てないです…」

石川が机を叩く音に、亜沙子はビクッと肩を震わせる。

「お前、いつになったらできんだよ!お前が会社にいるだけで金かかってんだぞ!自分の給料くらい、自分で稼げよ!」

最初こそ、罵倒する上司に亜沙子はぎょっとした。しかし1週間もすると、その姿に何も感じなくなっていたのである。

【朝子と亜沙子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo