朝子と亜沙子 Vol.6

“数字至上主義“は、もうおしまい?「鉄の女」と呼ばれる冷酷非情な上司が見せた、もう1つの顔

ここはとある証券会社の本店。

憧れ続けた場所についに異動となった、セールスウーマン・朝子。

そこでは8年前から目標としていた同期の美女・亜沙子が別人のように変わり、女王の座に君臨していた。

数字と恋をかけた2人のアサコの闘いの火蓋が、今切られるー。

念願の本店に異動になった朝子だったが、同期・今井亜沙子は、数字の出来ない先輩に土下座をさせた上に、後輩を追い込んで逃亡させるという傍若無人な女だった。

朝子は、そんな亜沙子に数字で勝つため仕事に励むが、亜沙子は紀之に手を出したりと、対抗心をむき出しにしている。


その日の朝、寺島課長の辞令を聞いて、本店全員が騒然とした。

―寺島 祐一 松山支店

管理職からは降格し、再び営業社員となる人事異動である。

おそらく通告があった後、いろんな人の証言により、寺島のこれまでの常軌を逸した行動が露呈されたのだろう。

そして同じ日、営......


【朝子と亜沙子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo