私、愛されてる? Vol.3

私、愛されてる?:夫に指一本触れられない誕生日。「インスタ映え」に執着した妻の悲劇

あなたは、「夫から愛されている」と断言できますか?

結婚3年目。少しずつ、少しずつ「マンネリ」に陥ってしまったとある夫婦。

熱烈に愛されて結婚した筈なのに、幸せになるために選んだ夫なのに…。

狂い始めた2人の歯車は、果たして元通りになるのだろうか。

これは、東京の至る所に転がっている、

「いつまでもいつまでも、幸せに暮らしました。」の後のストーリーです。

夫・健介の愛情の減りに不安を持つ、専業主婦の真希。友人の一言で夫の愛情を取り戻そうと奔走するものの、思うような結果が得られずに落ち込んでいた。


完璧なお誕生日、のはずが


「真希、誕生日、『ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン』予約しといたから。」

出勤前の健介にそう声をかけられ、真希は胸に広がる幸福感を隠せない。

『ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン 』といえば、“妻友”たちもよく記念日デートで訪れている店だ。


「愛され妻本」に影響されたセクシーな演出は失敗してしまったが、真希は“愛され妻”になることを諦めきれず、だいぶ前から健介に誕生日ディナーのことを匂わせておいたのだ。

「夫への希望は具体的に、詳細に、可愛らしく」という本の内容の通りに健介におねだりをしたことが功を奏したかと思うと、素直に嬉しい。

喜びを噛み締めつつ、真希は早速誕生日ディナーの為のワンピースを買いに六本木ヒルズに出かけた。

「お似合いですよ。パーティですか?」

バックスタイルが印象的ながらも、上品な印象のミントグリーンのワンピースを胸に当てながら「夫とのデートなんです。」と答えてみる。

まぁ素敵ですね、と言われ、気分は益々高揚した。

ー私も、健介に愛されているじゃない。

だが、そんな想いが見事に消えてしまうのを、この時の真希はまだ知らなかった。

【私、愛されてる?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo