貴女みたいに Vol.6

「過去の過ちは、結婚前に精算しなきゃ」婚約中の女を追い詰める、最悪のメールとは

「大好きだから、あなたみたいになりたい」

そんな言葉とともに、

なんでも話せる女友達に、姿形も、仕事も、恋人も、全てコピーされ、人生を乗っ取られてしまったら…。

恋も仕事も順風満帆。充実した毎日を送っていた夏絵(33)と同じ会社に、恵理(28)が入社してくる。

それは、女の日常に潜む地獄の始まりだったー

◆これまでのあらすじ◆

懲罰人事を受けて、プロジェクトを外された夏絵。智樹との結婚の日取りも決まらず、イライラは溜まるばかり。そんなある日、急に恵理が夏絵の隣の部屋に引っ越してくる。

挨拶にきた恵理に対し夏絵は、恐怖と驚きのあまり「出てって!私の目の前から消えて!!」と、強い言葉で追い返してしまうのだった。

▶前回:突然鳴ったインターホン。ドアの前に立っていたのは…恋人との時間をブチ壊すまさかの人物


「両親の希望としては、しっかりと結納をして、きちんとした形で披露宴をしてほしいって。とはいえ、この時期でそうもいかないよね。だけど、籍を入れるのと式の時期があまりずれるのは、夏絵さんのご両親も好ましく思わないんじゃないかって…」

恵理が引っ越して来たあの日以来、少しずつ歯車が狂い始めていた。

「智樹、それって、どういう意味?」

「どういう意味って?うちの親がこう言ってるけど、夏絵さんはどう思うって意見を聞きたかったんだ」

「結婚を取りやめにしたいって、はっきり言えばいいのに。私、ご両親によく思われてないんでしょ?それを、私の親に気遣ってるふりをして責任押し付けるなんて、卑怯だよ」

電話の向こうで、智樹のため息が聞こえた気がする。そして、少しの間をおいて、智樹は言った。

「なんでそんな風に取るの?こんなんじゃ、結婚したくないのは夏絵さんの方だって、俺だって勘繰るよ」

智樹は「夏絵さん。この頃おかしい」とポツリと言い、気まずいまま通話が終わった。

電話を切った途端、猛烈な自己嫌悪に襲われ、たまらない気持ちになる。

―私、どうしちゃったんだろう。このままじゃ智樹に愛想つかされる。

夏絵はベッドに潜り込み、枕に顔を埋める。家にいても心が休まらない日々が続いた。

隣室に引っ越して来た恵理は、今やプロジェクトをひっぱり、社内の信用を得るようになった。“まるでかつての夏絵のように”皆に慕われ、信頼されている。

一方の夏絵は、疑心暗鬼と自己嫌悪の泥沼に足を取られ、この現状から抜け出せないどころか深みにはまる一方だった。

―でも、智樹に手を出されなくてよかった…。

一番心配していたことは、回避できた。とは言え、気持ちの良い展開ではない。恵理が住む部屋には、ある男の存在があったのだ。

【貴女みたいに】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo