パーフェクト・カップル Vol.11

匿名で拡散されるデマは、止まらない。SNSに暴かれる人気ママモデルの過去と悲劇

誰もがインターネットやSNSで監視され、さらされてしまうこの時代。

特に有名人たちは、憧れの眼差しで注目される代わりに、些細な失敗でバッシングされ、その立場をほんの一瞬で失うこともある。

世間から「パーフェクトカップル」と呼ばれる隼人と怜子は、一挙一動が話題になり、「理想の夫婦」ランキングの常連として幸せに暮らしていた。しかし結婚6年目、人気アナウンサーの夫・隼人が女の子と週刊誌に撮られてしまう謹慎処分を受けた夫・隼人だったが、彼を陥れたのは、2人の人間の悪意が偶然に連鎖した結果だった。そこに芸能界で絶大な力を持つ香川の思惑が加わり、夫婦のピンチは続くが…。

「世間の目」に囚われ、「理想の夫婦」を演じ続ける「偽りのパーフェクトカップル」の行く末とは?


テレビ局の31階の打ち合わせ室。

一面ガラス張りの部屋からは、東京の街を一望できるどころか富士山まで見渡せる。東京タワーも近くて、夜になると更に美しいだろうな、などと思いながら、私は案内されるがまま、席に座った。

今日は、夫・隼人と共演することになった番組の打ち合わせのた......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
自分からフッた立場で、何甘ったれた事言ってんの。
2018/04/08 05:4799+返信7件
No Name
さやかみたいな女とうっかり関わってしまった場合どうしたらいいのかな。スルーするとつけあがる、追い詰めると逆恨みしてまた何かされる。
この夫婦は有名人な分圧倒的に立場が弱いよね。
2018/04/08 05:2299+返信2件
No Name
「くん」とかいうなクソ女。
2018/04/08 05:1399+
No Name
さやかみたいな人ほんと無理、、
2018/04/08 06:0799+返信1件
No Name
さやか、 自己中すぎ
2018/04/08 06:2578
もっと見る ( 78 件 )

【パーフェクト・カップル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo