パーフェクト・カップル Vol.6

「僕を降ろせと言われたんですか?」人気アナウンサーの、スキャンダルの代償

誰もがインターネットやSNSで監視され、さらされてしまうこの時代。

特に有名人たちは、憧れの眼差しで注目される代わりに、些細な失敗でバッシングされ、その立場をほんの一瞬で失うこともある。

世間から「パーフェクトカップル」と呼ばれる隼人と怜子は、一挙一動が話題になり、「理想の夫婦」ランキングの常連として幸せに暮らしていた。だが結婚6年目、夫が女の子と週刊誌に撮られてしまう。夫が番組での釈明会見をしてなんとか危機を免れたように思えたが…。

「世間の目」に囚われ、「理想の夫婦」を演じ続ける「偽りのパーフェクトカップル」の行く末とは?


「…笹崎?お前、ロケもう終わったの?」

僕が番組で自分の不倫疑惑について喋り終え、着替えて楽屋を出ると「仕事で番組には出られない」と言っていた3期下の後輩アナウンサー、笹崎拓真(ささざき たくま)が待っていた。

まだ午前9時過ぎ。こんな時間にロケが終わることはそうそうない。笹崎は、本当に申し訳さそうな、泣きそうな顔になりながら言った。

「隼人さん、マジで、マジで、すみませんでした…。今朝、遠藤選手から僕に直接連絡が来て、今日のロケ、午後からに変更になっちゃったんです。」

笹崎は、僕がさやかと撮られたときに一緒にいた男。さやかのブランドの展示会に一緒に行き、帰ろうとしていた僕を、3人で飲みに行きましょうよとしつこく誘ってきて、返事もろくに聞かずに店まで予約した。

―展示会、コイツを誘わなきゃ良かったな。

そう思いながら、ため息が出た僕の顔色をうかがうように、笹崎が続けた。

「昨日プロデューサーから電話もらった時は、朝7時のトレーニングから密着するはずだったんですけど…。」

遠藤選手とは、来季メジャーに移籍するのではないかと言われているプロ野球選手。

マスコミ嫌いで有名だったが、大学野球でピッチャーとして活躍しプロからのオファーもあった笹崎が、手紙を書き、さらには球場に通いつめ、遠藤選手に情熱的に取材を申し込んだという。

その熱量に遠藤選手は根負けし、連絡は笹崎としかとらない、取材には毎回笹崎が同行すること、などを条件に、テレビ初の大型ドキュメンタリーで、謎に包まれていた私生活まで見せてくれることになったらしい。

その快挙に局内が湧き、笹崎の評価はうなぎ上りだ。取材中に感情を高ぶらせるスタイルが「熱血アナ」として人気で、選手の苦労話を聞いては、カメラを気にせず号泣するし、笑うときも豪快。

原稿を噛むことが多く、アナウンス能力が抜群なわけでもない。それでも「ササタク」という愛称で大物出演者からも可愛がられ、僕が三連覇した今年のアナウンサーランキングでは、去年までの圏外から4位にランクインした。

「僕、番組見れなかったんですけど、隼人さんのことだから、何とかなりましたよね?ね?」

【パーフェクト・カップル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo