パーフェクト・カップル Vol.5

パーフェクト・カップル:噂は止められない…。理想の夫婦を襲う、SNS炎上の恐怖

誰もがインターネットやSNSで監視され、さらされてしまうこの時代。

特に有名人たちは、憧れの眼差しで注目される代わりに、些細な失敗でバッシングされ、その立場をほんの一瞬で失うこともある。

世間から「パーフェクトカップル」と呼ばれる隼人と怜子は、一挙一動が話題になり、「理想の夫婦」ランキングの常連として幸せに暮らしていたが、結婚6年目、夫が女の子と週刊誌に撮られてしまう。夫婦で記者のインタビューに答えたが、そのことで夫婦の絆にヒビが入る。そして夫が番組での釈明に臨んだが…。

「世間の目」に囚われ、「理想の夫婦」を演じ続ける「偽りのパーフェクトカップル」の行く末とは?


『旦那が浮気したのに、幸せアピール?ウケるwww』

インスタに朝食をアップした直後、待ち構えていたように書き込まれたそのコメントに、私は釘づけになったまま動けずにいた。

アンチと呼ばれる人たちからの悪口に攻撃されることには慣れているし、普段ならどんなに辛辣な言葉でけなされたとしても気にしないことにしている。

けれど昨日、記者の取材を受けたばかりで、隼人の番組が始まる直前のこのタイミングに「浮気」というワードを使われるなんて。

「おはようございます。モーニングライトの時間です。もうすぐ日の出の時間ですが、まずは屋上の定点カメラの様子をご覧いただきましょう。」

リビングのテレビから夫の声が聞こえてきたけれど、振り向く気になれない。今日の番組内容を説明する夫に背を向けたまま、私はキッチンの椅子に座り込み、さっきのコメントをもう一度見返してみる。

―え。

さっきのコメントに、続々と返信がついていた。

『え?浮気って誰が?』
『堀河アナが?それとも怜子さんが?』
『どこ情報なんですか?いい加減なこと言わないでください。』

どんどん増えていくコメント通知。その中に…

『情報ソースはツイッター。画像出てるよ。』

URLと共にそんなコメントまで書き込まれた。さっきの人だ。あのツイッターのURLだとわかったが、なす術もない。

SNSの情報は止めることができないのだと茫然と思い知り、増え続けるコメントをただ見つめるしかなかった。

【パーフェクト・カップル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo