エビダン! Vol.10

失ってから気付く、彼女の大切さ。馬鹿にしていた“エビダン”に圧倒的な敗北感を覚えた夜

都内でも住みたい街の上位に、常にランクインする恵比寿。

仲間と肩肘張らず楽しめるお店がたくさんあり、便利で、何より賑やかな街である。

ベンチャー系IT企業に勤めるサトシ(28)も、恵比寿に魅了された男の一人。

顔ヨシ・運動神経ヨシ・性格ヨシで、学生時代から人気者だったサトシは、その社交性から遊ぶ仲間には事欠かない。

サトシは、元グラドルの杏奈に心奪われる。しかし杏奈は学生時代は冴えなかったが、現在外銀勤めの龍太とデートを重ねていた。龍太と比較し、自分は結局総合点80点男だと悩むサトシだったが、ついに杏奈との初デートが実現する。

※本日発売の東京カレンダー5月号に、「エビダン!」のスピンオフストーリーを掲載中!


龍太の後悔


—この前はごめん。ちゃんと会って話せないかな?

そう杏奈にLINEを送ったものの、果たして受け入れられるのかどうかは、未知数だった。

今さら杏奈の気持ちを取り戻そうなんて、遅すぎるだろう。そんなことは百も承知の上だ。でも、今までの自分ではダメだと心が叫んでいる。

どうして、人は一度失わないとその大切さに気がつくことができないのだろうか。

幼い頃から、いつもそうだった。

僕は長男で、いつも“いい子”を演じてきた。弟がダダをこねると自分の気に入っていたオモチャをあげてしまう。そして後悔する。

母親に甘えたくても我慢して、ワガママを許される立場は弟に譲っていた。

学生時代はバイトに明け暮れており、一生に一度の貴重な時間を、もっとサトシのように楽しめば良かったと今さらながら後悔している。

過ぎた時間を巻き戻すことはできないし、失ってしまった物を取り返すことはできない。

それなのに、僕はいつも失ってから気がつくのだ。


あの瞬間に戻れたら、そして誰かをもっと大切にしておけば良かったのに、と...。

【エビダン!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo