“ゆとり”のトリセツ Vol.5

“ゆとり”のトリセツ:「それなりの努力でそこそこ幸せ」じゃダメなの?成功者の昔話に感じる、ゆとりのジレンマ

バブル崩壊後の低迷する日本を生きてきた“ゆとり世代”。

諸説あるものの、現在の20代がこの世代に当たるとされる。

外資系コンサルティングファームに勤める瑞希(26歳)も、まさに典型的な“ゆとり”。

高学歴、高収入、容姿端麗。誰もが羨むハイスペにも関わらず、その実態は信じられないほど地味だ。

趣味はNetflix、たまに港区おじさん・水野と出かけるのは庶民的な餃子屋。

会話の弾みで会社の先輩から紹介されてしまったゆとり世代男子・福永と渋々デートした瑞希。しかしまさかの割り勘を要求され、恋愛には更に後ろ向きに...。

そして今週は、団塊ジュニア世代・水野とデートの約束があった。


「…黒以外の服も着るんだね」

コの字型カウンターの真ん中に案内され席に着くと、隣で水野が目を細めた。

瑞希が『フロリレージュ』を訪れるのは、今日が初めてだ。

グレートーンでまとめられた広いオープンキッチンには花が生けられ、本来無機質なはずの空間に柔らかい彩りを加えて......


【“ゆとり”のトリセツ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo