“ゆとり”のトリセツ Vol.4

“ゆとり”のトリセツ:初デートでまさかの割り勘。男女平等の時代に“男気”は不要なのか?

バブル崩壊後の低迷する日本を生きてきた"ゆとり世代”。

諸説あるものの、現在の20代がこの世代に当たるとされる。

仕事も恋も、何もかもが面倒くさい。報われる保証もないのに、頑張る意味がわからない。

外資系コンサルティングファームに勤める瑞希(26歳)も、まさに典型的な“ゆとり”。

高学歴、高収入、容姿端麗。誰もが羨むハイスペにも関わらず、その実態は信じられないほど地味だ。

趣味はNetflix、たまに港区おじさん・水野と出かけるのは庶民的な餃子屋。

そんな瑞希だが、会話の弾みで会社の先輩から“彼氏候補”を紹介されてしまい渋々デートをすることに。

まったく乗り気ではない瑞希だが、その話を聞いた水野からもデートに誘われ、さらに困惑するのだった。


ピピッ、ピピッ、ピピッ…

18時半にセットしていた、携帯のアラームが鳴った。

―あーあ、良いところだったのに。

いつも通り、昼過ぎからNetflixで一気見していた海外ドラマを未練たらたら止め、抱えていたクッションごと、ソファの上で大きく伸びをする。

外に目をやると、気付けば辺りは既に暗い。窓ガラスに映る自分の姿が目に入り、瑞希は苦笑した。

上下スウェットに朝から寝癖はそのままと、とても30分後にデートの約束がある女には見えない。


先輩・工藤が紹介してくれたのは、瑞希も知るITベンチャーに勤務する、福永という男だった。

工藤の大学時代の同期と言うから、歳は28、29あたりだろうか。

それにしても、先日工藤のデート事情を聞いていただけに、今日福永が指定してきた店は意外だった。

福永の会社は瑞希と同じく六本木にあるらしく、お互い便利だろうと、ミッドタウン近くの和食『月』を予約してくれていた。

一度上司に連れて行ってもらったことがあるが、丁寧に手間暇かけられた一品一品が本当に美味しかったし、てきぱきと料理が仕上がっていく様をカウンターから眺めるのは、なかなか楽しかった記憶がある。

待ち合わせは30分後。

BBクリームをパパっと伸ばし、アイブロウとアイライナーだけ簡単に描く。寝癖を直すよりはお団子にまとめてしまった方が楽そうだったので、緩く低い位置でひとつにまとめた。

デート仕様とどうにか言える程度に仕上がった自分の姿を、鏡の前で簡単にチェックする。ドアを押し開けると、乾燥した冷たい風が吹き込んできた。

18時45分。

タクシーを捕まえると早く着き過ぎるが、この寒さの中少しでも歩くのはゴメンだ。

選択肢に挙がっていた徒歩・電車ルートを一瞬で取り消し、瑞希は小走りに外苑西通りへ出た。

【“ゆとり”のトリセツ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo