“ゆとり”のトリセツ Vol.3

“ゆとり”のトリセツ:優先すべきは“費用対効果”。愛想笑いの下にある、ゆとり世代の本音

バブル崩壊後の低迷する日本を生きてきた"ゆとり世代”。

諸説あるものの、現在の20代がこの世代に当たるとされる。

仕事も恋も、何もかもが面倒くさい。報われる保証もないのに、頑張る意味がわからない。

外資系コンサルティングファームに勤める瑞希(26歳)も、まさに典型的な“ゆとり”。

趣味はNetflix、たまに港区おじさん・水野と出かけるのは庶民的な餃子屋。

高学歴、高収入、容姿端麗。誰もが羨むハイスペにも関わらず、その実態は信じられないほど地味だ。

“ゆとり”は、恋愛にも非常に淡白な価値観を持っている。

大学からの友人・亜美から聞いた「ほぼカレ」の存在。恋愛のオイシイところだけを得る合理性に納得しつつも、しかし瑞希は言い得ぬ寂しさを感じてしまうのだった。


『コーヒー行かない?』

ディスプレイの左下に、社内チャットのポップアップが表示された。

瑞希が担当しているクライアント先に、同じく出向している先輩・工藤からのものだ。

―…面倒だなぁ。

暇だからといって先輩に気を遣いつつコーヒーを飲むくらいなら、デスクで仕事らしきことをしていた方がまだマシだ。

とはいえ今2人がアサインされている案件は非常に暇で、断る理由が無いことくらい彼も分かっているだろう。

『良いですね、5分後に下のロビーで良いですか?』

何か良い断り方が無いか一瞬考えを巡らせたが、そんなことはおくびにも出さずメッセージを打ち返した。



ランチタイムもとっくに終わり、ロビーはぼんやりと静まり返っている。

フロア案内板横の壁にもたれる工藤を見つけ、小走りに駆け寄った。

瑞希より2つ上の彼は、すらりと高身長、純日本人なのになぜかハーフのように目鼻立ちのくっきりと整った端正な顔、休日は仲間とフットサル...という”爽やかな好青年”を絵に描いたような男だ。

そして本人も、きちんとそれを自覚している。

「どこ行こうか?」

「そうですねえ、天気も良いですし交差点前のスタバまで歩きますか?」

―あー、2階のタリーズでも良かったのに、なんでまた…

全然乗り気でも無いのに、気付けば愛想の良い言葉が口からするすると出てくる自分が恨めしい。

“人間関係が何より大事”という価値観を瑞希は常々面倒に感じているが、先輩たちは”社内ネットワーキング”と称して頻繁に同僚をランチやコーヒーに誘う。

大した議題がある訳でも無いのに、友達でも無い仕事仲間とだらだら近況報告をし合うことの意味が、瑞希にはよく分からない。

しかし、そういった誘いを断ることで”協調性が無い”だとか”感じが悪い”だとかいう印象を残すくらいなら、多少面倒臭さを我慢してでも社内での”親交”を深めておいた方が、よっぽど得だということくらいはよく分かっていた。

口から漏れそうになった溜息を深い呼吸で吸い込み直し、瑞希は工藤の背中を追いかけた。

【“ゆとり”のトリセツ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo