“ゆとり”のトリセツ Vol.4

“ゆとり”のトリセツ:初デートでまさかの割り勘。男女平等の時代に“男気”は不要なのか?

バブル崩壊後の低迷する日本を生きてきた"ゆとり世代”。

諸説あるものの、現在の20代がこの世代に当たるとされる。

仕事も恋も、何もかもが面倒くさい。報われる保証もないのに、頑張る意味がわからない。

外資系コンサルティングファームに勤める瑞希(26歳)も、まさに典型的な“ゆとり”。

高学歴、高収入、容姿端麗。誰もが羨むハイスペにも関わらず、その実態は信じられないほど地味だ。

趣味はNetflix、たまに港区おじさん・水野と出かけるのは庶民的な餃子屋。

そんな瑞希だが、会話の弾みで会社の先輩から“彼氏候補”を紹介されてしまい渋々デートをすることに。

まったく乗り気ではない瑞希だが、その話を聞いた水野からもデートに誘われ、さらに困惑するのだった。


ピピッ、ピピッ、ピピッ…

18時半にセットしていた、携帯のアラームが鳴った。

―あーあ、良いところだったのに。

いつも通り、昼過ぎからNetflixで一気見していた海外ドラマを未練たらたら止め、抱えていたクッションごと、ソファの上で大きく伸びをする。

外に目を......


【“ゆとり”のトリセツ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo