悪妻 Vol.8

悪妻:愛する妻がいながらクリスマスを他の女性と過ごすことにした夫の、苦しい言い訳

東京には、いろいろな妻達がいる。

良き妻であり、賢い母でもある良妻賢母。

夫に愛される術を心得た、愛され妻。

そして、あまり公には語られることのない、悪妻ー。

これは、期せずして「悪妻」を娶ってしまった男の物語である。

女性の美に並々ならぬ執着を持つ藤田は、若く美しい妻・絵里子結婚する。

だが、奔放すぎる妻との暮らしに限界を感じ、自分に好意を持つ同僚女性の平凡な魅力に惹かれてゆく。


悪妻を手放す


自分には、非凡な女を愛する才能がないー。

藤田が、絵里子という女を妻に迎えてから薄々気づいていながらも、見ないようにしてきた予感のようなものが、ここ数日ではっきりと現実になった。

潤沢な資金力だけではなく、ありのままの彼女を全て受け入れる包容力や、ある種心理的な屈辱を楽しめるような一風変わった性質を持った男でないと、絵里子相手にはまともな神経を保っていられないだろう。

独身の頃少なからず出会ってきた美貌の女たちは、皆それぞれに個性があったが、絵里子のそれとはまるで違った。

だからこそ、結婚したい、この女を生涯に渡って独占したいとまで思わされたのだ。

藤田は、大手弁護士事務所に務める姉に、妻の絵里子とのことを相談した。

絵里子のことを愛してはいるが、愛すれば愛するほど、奔放すぎる行動と男の影が心配になってしまうこと。
それが原因で諍いが絶えず、やり直そうと努力するが上手くいかないこと。

それから、先日家に泊まってしまった小野のことなども洗いざらい全て話した。

そこで、藤田は姉から意外な意見を聞くことになるのだった。

【悪妻】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo