港区今昔物語 Vol.1

港区今昔物語:同棲中の彼にフラれ、婚活市場へと舞い戻った33歳女。そこで直面した残酷な現実とは

今となっては昔のことですが、港区に沙羅という女が生息していました。

「今夜、食事会あるんだけどどう?」と言われれば飛び入り参加して、必死に“彼氏候補”を探したものでした。

ある日、ようやく彼氏ができて食事会に行かなくなりましたが、その彼にも…。

残念に思って2年半ぶりに港区へ近寄ってみると、そこには以前と全く別の世界が広がっていたのです。


港区の浦島太郎になっていた女・沙羅(33)


「ごめん沙羅。別れたいんだ」

裕二からそう告げられたのは、つい先日のことだった。…最初に彼から「大切な話がある」と言われたときは、ついにキタ~!と思っていたのに。

交際期間は約2年。裕二は45歳の経営者で、バツイチ。だけど「子どもが欲しい」といつも言っていたし、交際の先には結婚があると信じて疑わなかったのだ。

付き合い始めてすぐ、私は彼が住んでいた広尾の低層マンションへ転がり込んだので、同棲期間も2年が経っていた。

「う、嘘でしょ…。ダメだよ、そんなの。絶対に別れないから!」
「そんなこと言われても。…ごめん、沙羅」

こうして、呆気なく私たちの恋は終わった。

「とりあえず、次の引っ越し先が見つかるまではいてもいいから。でも3ヶ月以内にお願いね」
「さ、3ヶ月…!?」

SNSを中心に、フリーランスのPRをしている私。収入は月によってマチマチだけれど、良くて40万。ただ最近は案件自体が少なくなっていて、先月はたった20万だった。

それでもこの家もあるし、裕二もいた。だから平気だったのだ。

とりあえず大急ぎで、今住んでいる85平米ぐらいの家を持っていて、一緒に暮らせる彼氏を見つけなくてはならない。

「3ヶ月ね…」

このときの私は、次の彼氏を見つけるなんて余裕だと思っていた。

なぜなら、まだ33歳。容姿だって衰えていないし、これまで結構モテてきた。まだまだ私はイケるはずだ。

しかし2年半ぶりに港区の社交場へと舞い戻った私には、残酷な現実が待ち受けていたのだった…。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
大急ぎで、今住んでいる所と同じ広さ家を持っていて同棲可能な彼氏を見つけなくては!と思うところがまず間違っていると思う。
あのキューティーのように、自分の借りられる範囲で6畳一間のボロ家とか賃りて、派遣でも何でも始めた方が良くない?
2022/08/08 05:2999+返信6件
No Name
アルコールは苦手とか気分が乗らない時はあえて飲まなくていいと思うけれど。その時シャンパンが飲みたいなら別にいいんじゃないの?
グラスであったかな?って、この男もケチくさいなぁ。シャンパン頼んじゃ悪いのかよってね。
沙羅、頑張れ!
2022/08/08 05:3568返信6件
No Name
港区に出戻りするより、アプリ(相談所はお金が無さそうなので) で探した方が早と思う。美人で肌も綺麗、更に美脚の持ち主ならすぐみつかると思う...。
来週はハイブランドのバッグをバカにされる展開かな?嫌な思いをしてまでお食事会に行くことないのにねぇ。
2022/08/08 05:4552返信1件
No Name
8歳年下ではなくて、もう少し年齢が近い戦友は探せないのかな?笑
2022/08/08 05:3244返信5件
No Name
昔も今も関係ない!シャンパンが飲みたい。
2022/08/08 06:3334返信2件
もっと見る ( 57 件 )

【港区今昔物語】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo