私、港区女子になれない Vol.7

30歳目前。港区女子になれない高学歴女が迫られる、「賢さ」の変容。

欲しいものは自分の力で手に入れる。

大手広告代理店で働く篠田涼子は、それが当然だと信じて努力を重ねてきた。しかし、男の愛を利用して生きる女・香奈の存在が涼子の心をざわつかせる

香奈は、よりにもよって涼子の青春時代の元カレ・洋輔と接近。その事実を知った涼子は、洋輔に要らぬ忠告をして痛恨のひと言を浴びてしまう。

一方香奈は、2年間不倫関係にあった倉田と口論の末マンションを出るものの、すぐさま洋輔の家で同棲を開始

余計なことを考えぬよう仕事に邁進する涼子だが、仕事上でも結局女としてしか評価されていないとわかり傷つくのだった。


そう簡単に、生き方は変えられないから。


「若い女と飲みたいなら、キャバクラに行けっつーの!」

深夜の六本木。夜を愉しむ男女が集うミッドタウンの『GRILL&WINE GENIE’S TOKYO』のソファ席で、涼子の無遠慮な叫びが響いた。

「お前さ、飲み過ぎ。」

涼子に「ボリュームを落とせ」と合図しながら、仕事終わりに合流した大学同期のマモルが、また赤ワインを飲み干そうとする涼子を呆れ顔で制する。

「だって、飲まなきゃやってらんない…。洋輔にはひどいこと言われるし、同期の男には妬まれるし、しまいには部長からキャバ嬢扱いされたのよ?」

そう口にして、涼子はある女の顔を思い出さないわけにいかなかった。

香奈とは最近、顔を合わせていない。彼女が秘書を務めるクリエイター・浅木和磨との打ち合わせがいったん落ち着いていて、会わずに済んでいるのがせめてもの救いだ。

自分とまったく違う価値観で生きる女が目の前をうろちょろすると、心乱される。

大した努力もせず生きてきた女が自分と同じ土俵に立つこと自体忌々しいのに、男を利用して生きる女のほうがより多くを得ている気がしてしまう。

欲しいものは自分の力で手に入れる。

その考えは、綺麗ごとでしかないのだろうか。悔しいが、洋輔の言うとおり、「男を立てられる女が賢い」ということなのだろうか。

しかしそんなことを、今さら言われても困るのだ。30年間積み重ねてきた生き方は、もう簡単に変えることなどできないのだから。

【私、港区女子になれない】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo