部屋見るオンナ Vol.5

マンション名に「東銀座」とあるのに住所は築地?些細なことに拘る女に、不動産屋は呆れた

あなたが東京で住みたい街は、どこですか?

なりたい自分に近付ける街、等身大の自分を受け入れてくれる街、お気に入りのレストランがある街。そう、街選びの基準は人それぞれ。

広告代理店に勤務するサトコ(32歳)は、一体どこに辿り着くのか。

その行く末をご覧いただこう。

同棲を解消して部屋探しを余儀なくされたサトコは、友人から紹介された石神という不動産屋に会い、まずは目黒の物件を見に行ったものの、石神の失礼な態度に腹を立てた。

次に白金高輪に行くも、自分には合わない街に思えた。前回は、偶然再会した孝太郎の住む街自由が丘を訪れた。さて、今回は……?


多くの言葉が行き交う街・東銀座


歌舞伎座の出口を出ると、写真を撮る観光客の中で白い歯を見せて微笑む石神の顔がすぐに飛び込んできた。

今日も石神は、雑誌から飛び出してきたような完璧なコーディネートだ。まるでイタリア人のようで、ここまでスーツを着こなせる男性を、サトコは今まで見たことがない。

孝太郎と会っていた時も、なぜかこの石神の顔が頭をチラついたが、サトコはそのことをあまり深く考えないようにしていた。

石神の近くには、着物姿の年配の女性、カメラを首から下げた観光客、スーツ姿のビジネスマンたちがいる。

目に入る人、耳に入ってくる言葉はどれも統一感がない。こんなにも多様な人々が行き交うのは、銀座ならではだろう。

その中で石神は、春を感じさせるような日差しを浴びながら、あきらかに他とは違う空気を纏っていた。

「本日は内見できる時間が決まっていますので、まずはお部屋をご案内します」
「はい、わかりました。まさか銀座も候補に挙がるなんて思っていなかったので楽しみです」

サトコが言うと、石神は口角だけをキュッと上げて口を開いた。

「私の祖父が銀座にいくつかビルを所有していますので、この辺は小さい頃から馴染みがあります。本当に良い街ですしちょうど良い物件もありましたから、ぜひサトコさんにご紹介したいと思いまして。それでは、ご案内します」

【部屋見るオンナ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo