由香の秘密 Vol.2

由香の秘密:東京の男は、こんな風に私を抱ける?死線を生きる刺激的な男女への憧れ

私の人生は、ドラマなしには語れない。

常にドラマチックな人生を送り、周囲をゴシップで沸かせてきた由香

32歳バツイチにも関わらず、童顔の可愛い顔と自由奔放な振る舞いで、「モテ女」や「悪女」の異名を欲しいままにしている。

港区の男たちを手玉に取るのも、朝飯前。

「SATCみたいに、都会のお洒落や仕事を楽しみたい。素敵なメンズと、劇的に恋に落ちたい」

そんな戯言を口にする由香の秘密は、常にドラマの中にある。


私は、自他共に認める海外ドラマ好きである。

しかし、自分の胸が「ドクドク」と実際に音を立てるほど興奮し、身体が震えるほど緊張する作品は、唯一「ホームランド」だけだ。

ドキドキハラハラ感が病みつきになり、面白くて続きが気になるドラマは、いくらでもある。特に海外ドラマは、日本ドラマのクオリティとは比較にならず(製作費も天と地の差らしい)、見応えのあるものばかりだ。

そんな大作がゴロゴロと転がっているドラマ大国アメリカで、オバマ大統領やバイデン副大統領までも魅了しているというのが、このテロリストとCIAの熾烈な戦いを題材にした、「ホームランド」だという。

このドラマを観るとき、私はスマホや家のインターホンすらも電源を切るようにしている。

少し前の休日、私は『サルバトーレ』でピザを頼み、デート相手から貰ったカリフォルニアのとっておきのワインを片手に、このドラマに思い切り集中しようと気合いを入れた。

だが、ストーカーと化した馬鹿な商社マンに家に押しかけられ、邪魔されてしまったことがある。

それは、文字通り手に汗握るような、息もできないほど切羽詰まった場面だった。

私は、あの恨みをいつか晴らしてやる。と、深く深く根に持っている。

あの外銀女子好きの薄っぺらいミーハー男は、同期の杏子とも付き合っていたのだから、恐らくまた近いうち私の知り合いに手を出すはずだ。

その時は、絶対に奴の恋路を邪魔してやろうと心に決めた。

私のこのドラマへの思い入れは、それくらい強いのだ。

【由香の秘密】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo