軽井沢の冬 Vol.10

「たった1人の女」になりたい。信じ合える喜びを失いつつある夫婦が過ごす、軽井沢の冬

仕事でも恋愛でも、常に勝ち負けを意識し戦闘態勢を崩せない東京人たち。

人生の冬を迎え、心が渇いてしまったら、東京から1時間のオアシス・軽井沢で己を見つめ直すと良いかもしれない。

軽井沢で、東京人たちを出迎えもてなしてくれる女性がいる。美希、35歳。

これまで様々な東京人が美希の元で心の平穏を取り戻したが、今度は美希自身にも、夫・誠司の浮気が発覚し、絶望する

そんな時、美希の前に元カレ・雄一が現れる。ぎくしゃくする夫婦関係に耐えられない美希の元に、今週は同じ慶応大学の後輩であるマミが軽井沢にやってくる。


無責任な愛は、要らない


「俺、昔からマミちゃんのこと好きだったんだよ。」

六本木交差点近くの『R2 SUPPER CLUB』。突然、切なくてたまらないんだ、といった表情を浮かべて囁く男。

彼は、マミと同じ広告代理店の5つ上の先輩。38歳、既婚。仕事終わりにオフィスビル1階で偶然会って、さくっと飲もうと誘われた。

「何言ってるんですか。近藤さん、去年結婚したばかりじゃないですか。」

近藤は昔からお世話になっている先輩で、2次会に参加したから奥様の顔も知っている。確かに、想像より地味な女性だったけれど。

結婚したら余裕ができるから?前から2人で飲みに行くことはしょっちゅうあったが、独身時代は口説かれた記憶がない。

それなのに、最近2人で会うと必ず「ずっと好きだった」「マミちゃんと付き合いたい」攻撃がはじまる。

2人で飲みに行くくらいだから、マミだって近藤のことを、嫌いでは、ない。しかしそれならなぜ、結婚前に言わなかった?マミももう33歳。不毛な不倫で消耗している場合ではないのだ。


自分で言うが、マミは昔からモテる。

高校時代には、地元・北海道ではファンクラブも存在した。慶応入学当時は田舎っぽさが抜けきれなかったが、素材の良さと天性のセンスですぐにSクラスの仲間入り。推薦されミスコンにも出場し、グランプリは逃したものの準ミスに選ばれた実績ももつ。

卒業後、広告代理店に就職して西麻布を庭とするようになると、マミに言い寄ってくる男はますます増えた。

しかしどの男の愛も無責任で、マミという高嶺の花に挑戦している自分を楽しんでいるようにしか見えない。

…私はこじらせているのだろうか?

【軽井沢の冬】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo