軽井沢の冬 Vol.13

軽井沢の白銀世界のように、清濁併せ呑んでこそ、はじめて見える景色がある。

仕事でも恋愛でも、常に勝ち負けを意識し戦闘態勢を崩せない東京人たち。

人生の冬を迎え、心が渇いてしまったら、東京から1時間のオアシス・軽井沢で己を見つめ直すと良いかもしれない。

数々の東京人の心の回復をアシストしてきた、軽井沢で暮らす美希、35歳
しかし信頼していた夫・誠司の浮気が発覚し、美希自身にも人生の冬が訪れる。

そんな時、10年ぶりに元カレ・雄一に再会し心惑わされる美希。しかし、ある夜ふいにテレビから流れてきた懐メロが、夫婦の心を再び結びつけるのだった。

2人の結末は…?


良いとこ取りの人生では、見ることができない景色がある。


朝、目を覚ました美希は、窓の外に目をやった。

目の前に広がるのは、まさに白銀の世界。

夜半過ぎからしんしんと降り出した雪が降り積もり、裸木だらけとなってしまった真冬の別荘地を、雪景色に変えていた。

並んで建つ瀟洒な邸宅、そびえる白樺、モミの木。あたり一面に広がる絵本......


【軽井沢の冬】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo