軽井沢の冬

仕事でも恋愛でも、常に勝ち負けを意識し戦闘態勢を崩せない東京人たち。

人生の冬を迎え、東京砂漠で心が乾いてしまったら、東京から1時間のオアシス・軽井沢に癒しを求め、己を見つめ直すと良いかもしれない。

軽井沢で、傷心の東京人たちを適切な回復スポットへ案内してくれる軽井沢レディ・美希、35歳。

様々な理由で彼女のもとを訪れる東京人たちを、温かいスープを給するように癒す存在。

彼女が見てきた東京人たちと、軽井沢で共に過ごす様子を描いていく。

「軽井沢の冬」に関する記事

    2016.12.31 Vol.13
    軽井沢の白銀世界のように、清濁併せ呑んでこそ、はじめて見える景色がある。
      2016.12.30 Vol.12
      いよいよ明日で最終話!「軽井沢の冬」全話総集編
        2016.12.24 Vol.11
        近づくほどに見えなくて。すれ違う夫婦が一周回って辿り着いた、クリスマスの過ごし方
          2016.12.17 Vol.10
          「たった1人の女」になりたい。信じ合える喜びを失いつつある夫婦が過ごす、軽井沢の冬
            2016.12.10 Vol.9
            軽井沢の冬:逃げるは恥?田舎出身の真面目ママ、お受験戦争で港区女子に完敗。
              2016.12.03 Vol.8
              軽井沢の冬:「いつかは軽井沢に別荘を」。夢を掴んだ先に、見えた景色とは
                2016.11.26 Vol.7
                軽井沢の冬:1%の可能性が妻のプライド…真実がいつも正しいわけじゃない。
                  2016.11.19 Vol.6
                  軽井沢の冬:女の幸せって…?守られて生きる女 vs 自立して生きる女
                    2016.11.12 Vol.5
                    軽井沢の冬:夫婦にもお互い別の顔がある?穏やかな日常に忍び寄る、非日常の誘惑。
                      2016.11.05 Vol.4
                      軽井沢の冬:一体誰と戦っているの?インスタで感じた敗北感
                        2016.10.29 Vol.3
                        軽井沢の冬:「決められない病」の患者?結婚したいのに恋愛できない男たち
                          2016.10.22 Vol.2
                          軽井沢の冬:眩い都会で見失っていた電機メーカーの男という光