産まない女 Vol.10

産まない女最終回: 自然な流れで事実婚に辿り着き、パートナーと過ごす豊かな日々

少子化の今、産まないという考え方は“悪いこと”なのだろうか。

多くが出産を望み、命が生まれることは素晴らしいことだ。しかし、“産まない”という選択肢を選ぶことも否定はできない。決して子供が望めない体でもない、嫌いなわけでもないが、産む決断と同じように、産まない決断をする女性も増えている。

これまで、20代から40代までの人生を振り返った雪乃、夫の意思を尊重して産まないことを選んだ美和子(43)、仕事を生きがいにしている美奈(42)などを紹介してきた。

最終回の今回は産まないことを決め、事実婚というスタイルに辿り着いた一組のカップルを紹介しよう。


結婚も子供も考えていないことは、交際前に伝える


神楽坂から脇道へ入って数分歩いた場所にある、瀟洒なマンションに住む友梨(37歳)と健太郎(39歳)。週末には近くの白銀公園で、楽しそうに走り回る子供たちの姿が見られる。

二人はここのマンションに住んで5年になる。結婚していない二人はこれから先も同棲を続けるが、結婚する予定はない......


【産まない女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo