産まない女 Vol.5

産まない女:母の言葉に救われた20代。自分らしくいていいことを教えてもらった


少子化の今、産まないという考え方は“悪いこと”なのだろうか。

多くが出産を望み、命が生まれることは素晴らしいことだ。しかし、“産まない”という選択肢を選ぶことも否定はできない。決して子供が望めない体でもない、嫌いなわけでもないが、産む決断と同じように、産まない決断をする女性も増えている。

これまで、20代にして産まないことを決意した和香(29)、DINKSでいることを選んだ真奈美(36)、独身を謳歌しているバツイチの恵美(43)、結婚15年目を迎えた香織(46)を紹介した。

今回からはあるひとりの女性にスポットを当てたい。彼女は今年49歳になる雪乃。これまで結婚も出産もすることなく、ひとりでここまで生きてきた。まずは彼女の20代を振り返ってみようと思う。


23歳:大学生時代の彼氏とはずっと一緒にいたいと思わなかった


東京で生まれ育ち、生活において不自由なことは何もなかった。それなりの公立高校を卒業し、私立大学に入学。きっと、どこにでもいるような23歳の女性だったと思う。少し人と変わっていることといえば、あまり誰かと一緒にいるのは好きでないこと。決して孤独が好きなわけじゃないが、誰かと同じ時間をず......


【産まない女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo