産まない女 Vol.8

産まない女:夫の意思を尊重して産まないことを決断。それでも掴んだ、彼女なりの幸せ

少子化の今、産まないという考え方は“悪いこと”なのだろうか。

多くが出産を望み、命が生まれることは素晴らしいことだ。しかし、“産まない”という選択肢を選ぶことも否定はできない。決して子供が望めない体でもない、嫌いなわけでもないが、産む決断と同じように、産まない決断をする女性も増えている。

これまで、20代にして産まないことを決意した和香(29)、DINKSでいることを選んだ真奈美(36)、独身を謳歌しているバツイチの恵美(43)、結婚15年目を迎えた香織(46)、20代から38歳までの人生を振り返った雪乃を紹介した。

今回は夫の意思を尊重して、産まないことを選んだ美和子(43)を紹介しよう。


子供を作るより、彼と過ごす人生を選びたかった


美和子は34歳の時に9歳年上の真治と結婚した。出版社で書籍の編集をしている美和子と、外資系メーカーに勤める真治は、2年間の交際期間を経て、ハワイで身内だけの式を挙げ、日本に帰ってから小さな披露宴を開いた。

それぞれの年収は美和子が1,300万、真治は1,600万とゆとりがある上......


【産まない女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo