産まない女 Vol.8

産まない女:夫の意思を尊重して産まないことを決断。それでも掴んだ、彼女なりの幸せ

少子化の今、産まないという考え方は“悪いこと”なのだろうか。

多くが出産を望み、命が生まれることは素晴らしいことだ。しかし、“産まない”という選択肢を選ぶことも否定はできない。決して子供が望めない体でもない、嫌いなわけでもないが、産む決断と同じように、産まない決断をする女性も増えている。

これまで、20代にして産まないことを決意した和香(29)、DINKSでいることを選んだ真奈美(36)、独身を謳歌しているバツイチの恵美(43)、結婚15年目を迎えた香織(46)、20代から38歳までの人生を振り返った雪乃を紹介した。

今回は夫の意思を尊重して、産まないことを選んだ美和子(43)を紹介しよう。


子供を作るより、彼と過ごす人生を選びたかった


美和子は34歳の時に9歳年上の真治と結婚した。出版社で書籍の編集をしている美和子と、外資系メーカーに勤める真治は、2年間の交際期間を経て、ハワイで身内だけの式を挙げ、日本に帰ってから小さな披露宴を開いた。

それぞれの年収は美和子が1,300万、真治は1,600万とゆとりがある上、美和子は、学生時代からの女友だちの間で、「一番派手な結婚式を挙げそう」と言われており、若かりし頃の彼女もそのつもりでいた。だが実際は、決して派手ではなくむしろ控えめな披露宴で済ませた。

理由はシンプルで、真治にとっては2度目の結婚式だったからだ。彼は美和子と結婚する5年前に離婚しており、一人息子もいた。

真治とは友人を介して何度か顔を合わせるうちに親しくなり、デートを重ねるようになった。彼の離婚や息子のことは、初めのデートで聞いていた。年齢的に、結婚も意識していたからやはり、彼の事情が気にならなくはなかった。バツイチの相手との結婚を想像したことはなかったのだ。

だが、彼の纏う穏やかな雰囲気や、優しい眼差し、どっしりとなんでも受け止めてくれる大らかさに次第に惹かれ、美和子の方が彼に惚れ込んだのだ。それは、彼がグラスを持つ仕草まで愛しく思えるほどだった。

付き合いが半年を過ぎた頃、徐々に結婚の話が出るようになった。そこで彼から一つだけ断言されたことがある。

「もう子供は持ちたくないから、美和子と結婚しても子供を作るつもりはない。それを受け入れてくれるなら結婚を真剣に考えて欲しい。」

彼は今までになく真剣な表情でそう言った。それまで、結婚したら子供を持つのかな、となんとなく思っていた美和子にとっては思いもしない言葉だった。

「自分勝手で申し訳ない」と彼は何度も謝り、「美和子とずっと一緒にいたいが、美和子が子供を望むなら別れも覚悟する」とまで言った。

彼に理由を聞いてみると、前回の結婚で出産を機に妻だった女性の性格がガラリと変わってしまったのが軽いトラウマとなっているからだと言った。いわゆる産後クライシス状態となり、彼の努力も虚しく赤ちゃんを連れて四国の実家へ帰ってしまったのだ。

今は、養育費を送り年に1回は子供と会うことができるそうだが、彼にとって、当時のショックは相当なものだったことは察しがつく。だから再婚してもまた同じ状況になることを彼は危惧しており、であれば最初から子供を持たないことが最善だというのが、彼の答えだった。

美和子は、このことを友人たちに相談すると皆口を揃えて「きっと後悔するよ」だとか「本当にそれでいいの?」や「夫婦の愛情なんてそんなに長続きしないんだから、子供は必要だよ」と言われた。

【産まない女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ