秘書の秘め事 Vol.10

いよいよ明日で最終話!「秘書の秘め事」全話総集編

人は、「秘書」という仕事に、どんなイメージを持つだろうか。

社内を彩る女性らしい花形の職業、腰掛OLのような楽な仕事?もしくは単なる雑用係?それとも......?

女としての細やかな気遣いやホスピタリティが試される、秘書という仕事。そして、秘書たちの視点から見る、表舞台で活躍する男たちの裏側とは...?

秘書という職を得て、丸の内OLというオシャレな肩書きに多大な期待を抱き、転職を決意したミドリ、29歳。

その奮闘記が今始まる...!

「秘書の秘め事」一挙に全話おさらい!

第1話:秘書って、華やかで楽な、オイシイ仕事?OLの聖地、丸の内ライフ開始!

思い込みの激しいミドリは、そうと決めて必死の転職活動に励んだ結果、話はとんとん拍子に進み、見事に「ペイン&カンパニー」に内定した。優雅な表参道勤務とサヨナラするのは少々寂しかったが、販売員としての仕事に未練は、自分でも不思議なほど皆無だった。

―そんなことより、新しい人生の始まりだわ。

第1話の続きはこちら

第2話:縮まないイケメン上司との距離。秘書なのに、どうして?

「じゃあ、適当にどこかお店、予約しておいてください。12時にオフィスを出ましょう。」

村上はそう言い残して、会議室に消えて行った。 ミドリは少々戸惑う。予約をするということは、それなりの価格帯の店をチョイスすべきだろう。しかし、どの程度の店を予約したら良いのか、まるで見当がつかない。

第2話の続きはこちら

第3話:お局様に怒鳴られ、会社で号泣?!新米秘書へのキツい洗礼

「何も分かってらっしゃらないのね、あなた、秘書失格よ!このままだと、使えない派遣以下だわ!」

これまでの上品な泰子からは想像も出来ないほど、美しいアーモンド形の目は吊り上がり、真っ白な額には血管が浮いている。ミドリは何が起きたのか、理解できない。

「え、え...?す、すみません...!」

第3話の続きはこちら

第4話:イケメンエリートは、実は甘えん坊?!上司が秘書に見せる、意外な一面

「コンサルタントたちは、まるで子供よ。誠一さんなんて、赤ん坊に近いわ。」

意味深な笑みを浮かべながら言った先輩秘書の泰子のセリフが、ミドリの耳に妙に残っている。

しかし、オフィスをぐるっと見回すと、やはりどのコンサルタントたちも、一糸乱れぬ姿で仕事に励んでいた。彼らが子供だなんて、一体どういう意味なのだろうか。

第4話の続きはこちら

第5話:「見た目は大人、心は子供」のエリートたち。秘書に甘える彼らの心理とは?

目下、ミドリの統計によると、上司の村上を筆頭に、仕事がデキる男ほど甘えん坊のように思える。

外では類稀なる能力を発揮する彼らは、クライアントの前では常にスマート、しかし営業として、時には下手に出て軽口を叩いたりもできる、本当に惚れ惚れする程のエリートだ。

だが、彼らのほとんどが、実はそんな「仮面」を被っているだけなのである。

第5話の続きはこちら

【秘書の秘め事】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ