バッド・ダディ Vol.4

「彼氏いるの?」食事会での質問。男をその気にさせた、25歳女の絶妙な回答とは

自由気ままなバツイチ独身生活を楽しんでいた滝口(38)。

しかし、“ある女”の登場で生活が一変……。

これは東京に住む男が、男としての「第二の人生」を見つめ直す奮闘記である―。

◆これまでのあらすじ
エレンとの2人暮らしが始まり、年下恋人雛子とまともにデートすらできなくなった滝口。一方、雛子は時間を持て余し、友達から食事会に誘われ、つい承諾してしまう。

▶前回:年上男性との恋に溺れる25歳女子。だが一夜のある瞬間、彼の“お父さん的言動”が気になり始め…


Vol.4:会えない彼氏と付き合う意味


女友達の和香に指定された恵比寿のレストランに雛子が着いたのは、約束の20時を少し回っていた。

案内されたテーブルに向かって歩いていると、和香が雛子に気づき手を振る。同じ席にいる2人の男性も、ビールを片手に雛子のほうを振り返った。

― こういう感じ、久しぶりかも。

滝口と付き合い始めてから1年。雛子は、年上の恋人にのめり込むあまり、食事会やマッチングアプリとは無縁の生活を送ってきた。

「はじめまして。遅れちゃってすみません」

雛子が空いている席に座ると、真向かいの男性がドリンクメニューを差し出してきた。

「何飲む?つまみは適当に頼んじゃってるけど、食べられないものとかない?」

雛子は「じゃ、ビールをグラスで」と言いながらも、目の前の2人が期待していた以上だったことに、心なしか気分が上がる。

― 私より年上だよね?2人とも素敵なんですけど…。

和香によると、2人とも3つ年上の28歳で、大手代理店勤務。

和香の向かいに座っている彼は、彼女が狙っていると聞いていたから“ナシ”だ。

だとしても、雛子の向かいに座っている彼、遠藤の外見、服装や、その声から醸す雰囲気は嫌いじゃない。

飲みながら話しているうちに打ち解け、それぞれの過去の恋バナで盛り上がり始めた。

「じゃあ、雛子ちゃん、今は付き合っている彼いないの?」

遠藤からの唐突な問いに、雛子は思わず動きを止めた。正直に話すべきか、とりあえず「いない」と言うべきか。

ためらったものの、素直に話すことにした。

「いるような、いないような…」

雛子の中途半端な返答に、和香が横から口を挟む。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
雛子の出会いとか、雛子&滝口の茶番劇は別にこんな丸々一話使う必要無いような…😂
もっと、バッドダディぶりを描いて欲しい。
2022/05/28 05:3378返信5件
No Name
雛子の事なんてもうどうでもいい!
2022/05/28 05:3849返信7件
No Name
会えるか会えないかが大事なのだ。
会える前提があっての “好き” なのだと最近思うようになった。
これ、どっかで聞いたことあるなぁって…すごく思ったんだけど、”会える” の前に土日を入れたら💡 そうだ!あれだね。
2022/05/28 05:3739
No Name
自分が雛子だったらこの滝口との関係を継続するわ。会いたいのに会えないのは滝口のせいってことで罪悪感を持たせ、別れをちらつかせてまたブランド物をたくさん買ってもらう。
もちろん並行して本命は遠藤にシフト。
2022/05/28 05:3630返信10件
No Name
溝口さんの変化した生活感が定まるまでもう少し待ってみれば良いのに。
でも25歳なら、会いたい・いいお店でデート楽しみたい、の気持ち真っ盛りで、小6の子供のシングルファザーになった恋人のことを慮るのは無理かもね。
2022/05/28 06:5420
もっと見る ( 31 件 )

【バッド・ダディ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo