バッド・ダディ Vol.2

「なぜ妻以外の女性を、好きになったの?」25歳の若い恋人がいる男は、その質問に…

翌日。

― あー、よかった。わかってもらえて…。

夜、雛子を車で家まで送った後、滝口は、ハンドルを操りながら、楽しかった土日のデートを思い返していた。

『ゼルコヴァ』で一杯飲み終えると、斜め向かいのロエベで雛子が欲しいというバッグを買い、その流れで、セリーヌで色違いのスウェットにおまけで靴も買った。

― プレゼントも弾んだし、雛子は機嫌よく帰ってくれたし。これならエレンを引き取ってもうまくいきそうだな。

予想外にいい方向に事が進んだことに、滝口自身、満足していた。

あと、気がかりなのはエレンの学校や身の回りの生活を整えることだ。

4月から学校の新学年が始まる。

とりあえず近所の公立の小学校に転校させるつもりだ。エレンは私立の中学校に行きたいと言っていたけれど、エレンと一緒に暮らすのは、エリがアメリカから帰ってくるまで間のこと。

エリ自身、娘と会えない生活に耐えられるはずがない。

― 1年の予定、とは言ってはいるが、もしかしたらもっと早く戻ってくるかもしれない。

滝口は安易に考えていた。



3月末。

エリの出発に合わせ、エレンが東京に引っ越してきた。

それ以前から、小学校に転入するための手続きなどで何度かやってきており、4月からの生活をエレンもとても楽しみにしているように見えた。

「どう?似合う?」

近所の公立小学校には標準服と呼ばれる制服があり、エレンはそれをとても喜び、鏡の前でくるくると回ってポーズした。

エンブレムのついた紺色のブレザーにチェックのプリーツスカート。それに帽子。

「丸山敬太監修の制服なんて、さすがね。たしか銀座の区立小学校にはアルマーニがデザインっていうとこもあったよね?」

一緒についてきたエリが感心しながら言う。

「間に合ってよかったよ。広瀬の助言がなかったら、わからないことだらけだ」

滝口は言った。

広瀬というのは、滝口の会社の創業時からのメンバーで、2つ下の36歳。もともと富ヶ谷に実家があることから、結婚しても地元にこだわり、神山町に妻、息子と三人で暮らしている。

娘との同居を広瀬に相談したところ、エレンとの同居に必要なあれやこれやを妻と相談し、段取ってくれた。

「ここがエレンのお部屋ね。すてきー!」

向こうの部屋でエリとエレンがはしゃぐ声が聞こえる。


子ども部屋は知り合いの施工業者に頼み、急ピッチで改装した。壁は一面だけをグレーに塗り替え、家具はすべて白で統一。ベッドカバーや窓際のカーテンでパステルカラーを取り入れた。

1人がけのソファに使いやすいクローゼットと、女の子の部屋としては完璧だ。

「実は、あなたにエレンをお願いするのは最後の手段だったというか…。絶対にありえない選択だったんだけど」

エリがいつの間にか隣にきて、そっと滝口に言う。

「ありがとう。あんな別れかたをして、今まで娘に会わせてもこなかったのに、私のわがままを聞いてくれて」

元妻は、感極まった様子だった。

「アメリカなんて思い切ったね。子どもを置いてまで夢を追いたいなんて、なかなかできるもんじゃない。一体何がきっかけなの?」

滝口はふと聞いてみたかった疑問をエリに投げてみた。

すると、エリは言った。

「それは、なぜ妻以外の人を好きになったの?その理由は?って聞くのと同じこと。情熱や欲望に理由なんてないのよ」

そう言われると、滝口はその先、何も言うことはできなかった。

「わかったよ。応援しているから頑張って」

諦めたように言った。

「じゃあ、エレン。ママはもう行くね。パパの言うことをちゃんと聞いて元気で」

そういうとエリは足早に玄関へと向かった。2人に背を向けたまま靴を履き、ドアに手をかける。

「エレン、ごめんね」

最後に振り返り、そう言ったエリの瞳は潤んでいた。

滝口はこの時、彼女の言う「ごめんね」の意味を深く考えてはいなかった。


▶前回:浮気がバレて離婚した男。元妻から連絡があり、「養育費アップ」の話かと思ったら…

▶NEXT:5月21日 土曜更新予定
娘と2人きりの生活がスタートした滝口。仕事、恋愛はどうなる?

あなたの感想をぜひコメント投稿してみてください!

東レデート詳細はこちら >

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
アメリカに男がいるか、又は難病の手術を受けに行くのか…
2022/05/14 05:4092返信4件
No Name
雛子にプレゼントを与えておけばいいって考えがなんだかもう。エレンに金掛かると雛子へのプレゼントどころじゃなくなるけど、どうなる事やら。
2022/05/14 05:3963返信4件
No Name
雛子とは純粋な恋人関係という訳ではなさそう。
好意もあるのかもしれないけれど、贅沢させてくれるいい相手なんだろうな。

ありがちだけど、エリは、病気の治療でアメリカに行くのかな。だから1年…
2022/05/14 06:0936
No Name
ロエベで雛子が欲しいバッグを買い、その後セリーヌでは色違いのスウェット、おまけに靴も買った。

これアッパー層意識? 雛子やたらに理解あったし、むしろパパ活感覚で付き合ってたのかと思えてしまう。
2022/05/14 08:4129返信1件
No Name
週末の昼から飲むお酒ってうまい。うん、わかる!
2022/05/14 06:0822返信2件
もっと見る ( 45 件 )

【バッド・ダディ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo