籠のなかの妻 Vol.6

「なんなのこれ…」原宿に住む32歳専業主婦に、夫の裏の顔を確信させた恐ろしいモノの正体

夫は、こんな人だった―?

周りに相談しても、誰も信じてくれない。子どもと一緒に夫の機嫌を伺う日々…。

最近、こんなモラハラ夫に悩む妻が増えている。

有能で高収入な男性ほど、他人を支配しようとする傾向が強い。

優衣(32)も、経営者の夫が突然マンションを買った日から、徐々に自由を失っていく。

広告代理店ウーマンから、高級マンションという“籠”で飼い殺される専業主婦へ。

彼女が夫から逃げ出せる日はくるのだろうか―?

◆これまでのあらすじ

ママ友を家に招いた優衣。だが、途中で夫の雄二が帰宅。夫は寝室に篭り、LINEで早く帰ってもらえと優衣に無理を言う。お金、仕事、友達…優衣の生活から、ひとつひとつ大切なものが奪われていく。

▶前回:夫は本当は家族思いの優しい人。だから私が我慢すればいい。32歳専業妻の悲しい決意とは


2020年2月。

「優衣さん、ねぇ、優衣さんってば!」

義母が呼ぶ声にハッとして、優衣は顔を上げた。

「ごめんなさい、お義母さん。どうしました?」

義母は東京の息子宅に居心地の良さを感じているらしい。前回から1ヶ月と間を空けず、一昨日またやってきたのだった。

「ずいぶんぼーっとしてるのね。何かあったの?」

最近、気がつくと夫、雄二について考えてしまう優衣。なぜあんなに気分の浮き沈みが激しくなってしまったのかといった当初の疑問は依然として残ったままだ。

だが、今の優衣の悩みは、その原因よりも、どうすれば夫を怒らせずに生活ができるのか、という一点に尽きる。

「…すみません。そろそろ3時ですね。お菓子とお茶お出ししますね」

優衣は義母の問いかけをかわしてキッチンに向かい、義母の好きな瑞穂の豆大福に、温かい番茶を用意する。

この家に引っ越してくる以前は、お盆と正月以外はあまり密接に連絡を取り合うような関係ではなかったが、最近の優衣はむしろ義母が自宅に来ることを歓迎している。

なぜなら、義母がいると夫の機嫌がいいのだ。それに息子もおばあちゃんにべったりで、優衣があれこれ世話を焼く必要がない。

義母が家に来てくれれば、ヘアサロンなどにも出かけられる。

それに、義母は嫁の欠点を見つけてネチネチいびるようなよくある姑とは違い、あっけらかんと明るい人なのだ。

「あの、お義母さん…。ご意見を伺いたいのですが…」

優衣は思い切って、先日友達を家に呼んだ時のことを義母に話してみることにした。

【籠のなかの妻】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo