籠のなかの妻 Vol.5

夫は本当は家族思いの優しい人だから、私が我慢すればいい…。32歳専業妻の悲しい決意とは

夫は、こんな人だった―?

周りに相談しても、誰も信じてくれない。子どもと一緒に夫の機嫌を伺う日々…。

最近、こんなモラハラ夫に悩む妻が増えている。

有能で高収入な男性ほど、他人を支配しようとする傾向が強い。

優衣(32)も、経営者の夫が突然マンションを買った日から、徐々に自由を失っていく。

広告代理店ウーマンから、高級マンションという“籠”で飼い殺される専業主婦へ。

彼女が夫から逃げ出せる日はくるのだろうか―?

◆これまでのあらすじ

ママ友からのホームパーティーに誘われた優衣。だが、雄二が勝手に義母を家へ招いていた日と被り、断ることに。数日後、義母がやってきて疲弊する優衣をよそに、雄二は急な出張に行くと告げる。

▶前回:「これでゆっくりできるだろ?」家事育児を一切しない夫からの計らいは、より妻を苦しめるものだった


1週間ほど滞在していた義母が、千葉に帰った翌週。

ママ友である恵と、彼女の紹介で仲良くなった京子が子ども連れで優衣の家に遊びにやってきた。

子どもたちは恵が持ってきたキルフェボンのタルトとNetflixのアニメに夢中で、大人たちはゆっくり話ができそうだ。

「やっぱり優衣さんのお家、素敵!こんなグリーン見たことない!」

恵が窓際にある鉢植えを興味深そうに眺めている。

「これ、なんていう名前なの?」

鉢植えにスマホのカメラを向けながら、恵は優衣に尋ねた。

「それは、オペル クリカリア パキプス マダガスカル。その隣は、パキボディウム」

カップにコーヒーを注ぐ手を止め、スラスラと名前を答える優衣。

「そんな名前、初めて聞いたわ」

京子が感心した様子で言う。

「うちの主人は、塊根植物とかの多肉植物を、オフィスや個人宅にリースする会社を運営しているの。海外から輸入してきたものも結構あるみたい」

リビングの鉢植えは、優衣自身が見ても珍しいものばかりだ。

2人が褒めてくれたのは、水分を蓄える貯蔵根を持つ植物で、岩のようにゴツゴツとした大きな根っこから、美しい繊細なグリーンを生やしている。

「私もお家に飾ろうかな。ちなみに買うといくらぐらいするの?植えている鉢も、すごくおしゃれね!」

興味津々で質問してくる京子に、優衣が答える。

「鉢はコンランショップあたりで買ったものだけど、グリーンは大きなものだと20~30万するのよ。買えば、だけどね」

それを聞いた恵は、関心した様子で話し始めた。

「へぇー、やっぱ急成長する会社の経営者って目の付けどころが違うのね。今度お互いの旦那も交えて食事でもしましょうよ」

恵の提案に京子も乗り気なようだ。

だが優衣だけは違う。

「タイミング合えばね…」と煮え切らない言葉を返すことしかできない。

雄二の機嫌によっては、すんなり食事に行くとも思えないからだ。

優衣は、2人に先日の一件を相談してみようと思い立った。

「あの、2人の意見を聞きたいんだけど。実はこの間ね…」

【籠のなかの妻】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo