Miss 東大生ハンター Vol.3

アポ無しで男の部屋を訪れた女。扉を開けた瞬間、見てしまった衝撃的な光景とは

エリートと結婚して優秀な遺伝子を残したい。

そう願う婚活女子は多い。そのなかでも、日本が誇る最高学府にこだわる女がいた。

― 結婚相手は、最高でも東大。最低でも東大。

彼女の名は、竜崎桜子(26)。これは『ミス・東大生ハンター』と呼ばれる女の物語である。

◆これまでのあらすじ

最高の遺伝子をゲットするため、東大卒と結婚することを夢見る桜子。サークル時代の同期・慶一郎にお願いして紹介してもらった東大卒男性は、あまりピンと来なかった。その一方で、サークルの先輩・タケルのことを思い出し、彼にもう一度アタックすることを考えたが…。

▶前回:「実は、俺」東大卒・キャリア官僚の秘密。週末、彼はスーツを脱ぎ捨て…


憧れの先輩は、実は…


「今だから言うんだけど…」

東大インカレサークル時代の同期女子会。美由紀が意味ありげに口を開いたとき、桜子はハラハラしながら次の言葉を待った。

― タケルさんのことで、まだ何かあるの…!?

桜子が大学時代にずっと憧れていた先輩・タケル。

そんな彼が聖心女子大の美女・玲香と水面下で交際を続け、既に結婚していたことを、桜子はつい先ほど知った。それだけでもショックなのに、この上さらなる新事実など、聞きたくなかった。

「私、昔タケルさんと付き合ってたんだ。1年生の夏ごろから1年くらい、かな。最後は玲香さんが本命だったことを知って、私から別れたんだけどね」

美由紀の告白に、桜子は言葉を失った。

― 1年生の夏…!?もしかして、美由紀と付き合ったから私は切られたってこと?

桜子も、ちょうどその時期にタケルとデートを重ねていた。しかし次第に、何かと理由をつけて避けられるようになったのだ。

【Miss 東大生ハンター】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo