Miss 東大生ハンター Vol.2

東大卒の真面目なキャリア官僚。でも週末、彼はスーツを脱ぎ捨て意外な趣味に…

エリートと結婚して優秀な遺伝子を残したい。

そう願う婚活女子は多い。そのなかでも、日本が誇る最高学府にこだわる女がいた。

― 結婚相手は、最高でも東大。最低でも東大。

彼女の名は、竜崎桜子(26)。これは『ミス・東大生ハンター』と呼ばれる女の物語である。

◆これまでのあらすじ

付き合っていた東大卒の彼から突然振られてしまった桜子。失意の中、東大インカレサークル時代の同期・慶一郎にお願いし、東大卒男性を紹介してもらうことになったが…。

▶前回:「優秀な遺伝子が欲しい!」エリート男を狙う、インカレ女の黒歴史


気合い十分のデート15分前


土曜の17時45分。溜池山王駅直結、山王パークタワー内のパウダールーム。

桜子は、かれこれ20分以上も手を動かし続けていた。学生時代のサークルの同期・慶一郎に紹介してもらった東大卒の男性と、18時からディナーの予定なのだ。

― 相手は霞が関で働くエリート。この出会い、絶対にモノにしたい!

熱い闘志を原動力に、全集中でメイクを整えていく。最後にアルマーニのアイ ティントを涙袋にのせると、桜子は鏡に映る自分の姿をじっくりと眺めた。

― うん、今日もいい感じ。私って、顔は悪くないわよね。アナウンサーの弘中綾香に似てるって、よく言われるし…。

満足げにうなずいていると、バッグの中でスマホが震えた。見ると、慶一郎からのLINEだ。

『慶一郎:拓哉と会うの、今日だったよな?結果報告、お待ちしてまーす』

面白がるような文面に、桜子は先週感じた不安を思い出す。彼が紹介してくれる拓哉という男性と、“ミス・東大生ハンター”の異名を持つ桜子。この2人の化学反応が楽しみだ、と慶一郎は言ったのだ。

でも…と桜子は、首をかしげる。

拓哉は開成高校出身で、東大文Ⅰからの法学部卒らしい。聞く限りは、優秀な遺伝子を求める桜子にとって申し分ない人物だ。

「拓哉さん、何か問題アリなのかな。これからデートなのに、心配…」

思わず独り言を漏らしながら、待ち合わせ場所に向かったのだった。

【Miss 東大生ハンター】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo