Re婚活 Vol.11

離婚して半年。34歳元妻が元夫の恋愛事情に介入してくる驚きの理由

「今度こそ、幸せになりたい」

“離婚”という苦い経験を経て、また恋をして結婚がしたいと願う人たちがいる。

そんな彼らの再婚の条件は、実に明確だ。

「一度目よりも、幸せな結婚!」

それ以上でも、それ以下でもない。

幸せになることを、諦めないバツイチたちの物語。

4話からは、バツイチ子持ちの未央の物語がスタートした。

◆これまでのあらすじ
休日にかかってきた見知らぬ番号からの電話は、大学の同級生、純平の元妻だった。元妻は未央に「一度会えないか」と言ってくる。面倒なことに巻き込まれたと予感した未央だったが…。

▶前回:バツイチ男とデートする女。調子に乗るアラフォー女を恐怖に陥れた、見知らぬ番号からの着信


未央は、純平の元妻である菜穂子に呼び出され、家族のためにもう純平と会わないでほしいと懇願されていた。

「養育費はちゃんと払うから、子どもと会う回数を減らしたいと、純平が言ってきたんです」

平日の昼間にはまったく似つかわしくない話に、未央は神妙な面持ちで耳を傾ける。

......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
菜穂子の執着と言うか依存、すごいなぁ...
こういう人って未だにいるんだ。
2021/05/08 05:1899+返信21件
No Name
菜穂子も無理だけど未央も無理

女性としての楽しみを放棄している、とか生活のために働いて家のことして子供のことしてたら時間も余裕もない

もしもの時に預ける場所もある、とかもしもってなに。
もしもはデートではない。
2021/05/08 05:2980返信4件
No Name
執着女と尻軽女かあ、どっちも嫌な女。子供達が可哀想だわ。
2021/05/08 05:5054返信3件
No Name
自分勝手に呼び出しておいて、みおがなんか言うと、そんなこと他人に言われたくありません!って何事〜
だったら呼び出して身の上話なんてするなよ…
2021/05/08 08:0335返信2件
No Name
離婚は有責配偶者からはよっぽどの理由が無いとできないんだから応じなきゃ良かったのに…
そんなに大変ならもっとお金もらって家事代行に頼むとかした方が良いかも…メンタルやばそうだし
2021/05/08 05:2533
もっと見る ( 75 件 )

【Re婚活】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo