Re婚活 Vol.3

「再婚する気はない…」30代バツイチ女たちの言葉の裏に隠された真実

「今度こそ、幸せになりたい」

“離婚”という苦い経験を経て、また恋をして結婚がしたいと願う人たちがいる。

そんな彼らの再婚の条件は、実に明確だ。

「一度目よりも、幸せな結婚!」

それ以上でも、それ以下でもない。

幸せになることを、諦めないバツイチたちの物語。

▶前回:完璧な夫婦にも、闇がある!?美男美女の医者カップルが、結婚7年目に離婚したワケ


Case3:「再婚する気はない」と言う女の真実


名前:サリナ(33歳)
職業:IT企業秘書
離婚した時期:4年前


「間宮社長、今日はオンライン会議を8本セッティングしてあります。ランチは12時半ごろお届けします」

サリナはIT企業の秘書室に勤務している。何人かの同僚とともに、社長を含め5人の役員たちのスケジュール管理や業務サポートをするのが仕事だ。

「ランチは軽めでいいよ。食い過ぎると頭が冴えないから」

ランチや夕食の手配も秘書の大事な仕事だ。秘書たちの間で月ごとに食事当番を決めているが、今月はサリナの担当なのだ。

社長の要望に「承知いたしました」と一礼する。

サリナがこのIT企業に入社したのは、2年前のこと。

もともとこの会社に勤めていた青山学院大学時代の同級生が寿退社する際に、「後任として入らない?」と声をかけてくれたのがきっかけだった。

サリナは二つ返事で面接を受けることを承諾した。

大学卒業以来、大手コンサルティング会社で秘書を続けてきたサリナは、秘書という仕事がとても好きだ。

裏方のイメージがある職業だが、実際は社外の方とのやりとりも多いし、会社の中枢にいる経営陣を間近でサポートできる仕事は大変やりがいがある。

しかし、一方で不純な動機があったことも否めない。

声をかけてもらった頃は、ちょうどサリナが離婚して2年ほど経っており、そろそろ再婚活を始めてもよいかなと思っていた時期だった。

この会社は社内結婚の割合が高いことで有名で、再婚活の場所としてもちょうどよいと考えたのだ。かくいう紹介してくれた友人も、社内で夫となる人を見つけ、今では悠々自適な専業主婦ライフを送っている。

だからライバルは多いが、社内の人たちにはバレないように、サリナは水面下で再婚活に励んでいる。

【Re婚活】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo