ミリオネアの妻たち Vol.1

ミリオネアの妻たち:「狙うべきは、資金調達シリーズBの男」IPOを果たした夫を持つ女の悲哀

―0.019%

これは国税庁の『統計年報』から推計する、日本で年収が1億を超える人の割合だ。

年収数千万単位を稼ぐ男性なら、東京ではそこそこ出会える。

だが“ミリオネア”に出会える確率は超レア。もしそんな男性と出会い、仮に独身だったらそれはほぼ奇跡に近い。

だが彼らを射止める可能性だってゼロではないのだ。

では”ミリオネア”を射止めた妻たちとは一体どんな人物なのか?その生態を探ってみよう。


【シリーズBの男を狙い撃ちした女】

名前:紗代
年齢:35歳
職業:専業主婦(一児の母)
夫の職業:上場企業の社長(創業者)

外銀や商社マンには、早々に見切りをつけた


「お食事会かぁ…。いいわね、楽しそう」

麻布十番の『カラペティ・バトゥバ』で、紗代は微笑んだ。

今日はCA時代の後輩との食事で、集まった4人のうち2人は独身。

先週外銀の誰と食事会したとか、幼稚舎上がりの商社マンとのデートはどうだったか、などの話で盛り上がっている。

―懐かしいな、この感じ。

紗代はワインを1人飲みながら、明日意中の相手とデートだというのに明らかに飲み過ぎている後輩のために、水を頼んだ。

紗代も20代の頃は、いわゆる“婚活女子”だった。

女子大生の頃から数えきれないほどの食事会に参加し、当時から人気だった外銀や商社マンの人たちと散々遊んだ。

でもある日、ふと気づいたのだ。

外銀や商社マンは、エリートだし稼いできてくれる。でもしょせんはサラリーマンのそれだし、業界的に成長性があるとは言い切れない。だったらどうせなら、“ミリオネアの妻”になりたい、と。

そう思った紗代はすぐにターゲットを変え、そしていまの夫となる裕一と結婚した。

裕一は起業家で、会社は2年前に上場。

当時まだ資金調達の段階がシリーズ“B”だった彼を狙い撃ちしたのだ。

【ミリオネアの妻たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo