日々を豊かにする世田谷の話題店 Vol.9

二子玉川の艶やかでムーディーな焼き鳥店こそ、成熟した大人の切り札だ!

近所のいい店で上質な時間を過ごす。これこそが世田谷流。

広大な世田谷のさまざまなエリアから、新店、人気店だけをピックアップ。

今、世田谷をにぎわす話題店を紹介する。

前回の『オット』に続くのは、二子玉川の実力派焼鳥店!

茶室を思わせるエントランス


家族の街、二子玉川にも艶やかなムードの店はある!
『酉たか』@二子玉川

二子玉川は、のんびりしたファミリーの街というイメージが色濃いが、実は大人なレストランも隠れているのだ。

ファミリームードでのんびりした二子玉川だが、この街には高級店を食べ慣れたアッパークラスの住人が多い。

そんな人々の心を満たす人気店が焼き鳥『酉たか』だ。

『酉玉 神楽坂』出身という調理長が目指すのは〝日本で一番、部位が豊富な焼き鳥店〞。

鶏肉は部位が細かく分けられるが、ここはとくに種類が豊富。

白木のコの字カウンターは空調も万全で煙臭さも皆無。提灯の仄明かりがムーディー


たとえば尾骨の周りを覆うボンジリひとつとってみても、雄鶏はボンジリ、雌鶏はみさきと、その食感や味わいから区別して調理する。

さらに、あるものは秘伝のタレ、あるものは生醤油やバルサミコ醤油をひとはけ、とひと串ごとに火入れと味付けの完成度を追求している。

二子玉川という場所がら店に流れる空気はほっこり。

だが暗めの照明やシックな内装には艶っぽさが漂い、パートナーを誘って行きたくなるどこか都会の匂いを放つ店だ。

左から雌の鶏の尾の付け根「みさき」¥300。雄のボンジリよりも身がしまってジューシーだ。卵管にきんかん(未成熟卵)がふたつついた「ちょうちん」¥450。歯ごたえがあり、肉にコクがある信州の地鶏、信州黄金シャモの「ソリレース」¥400

最高のポテンシャルを持つ黒毛和牛を扱うヤザワミートから仕入れた牛肉がオンメニュー。柔らかく旨みがしっかりとしたフィレ肉を炭火でしっとりと火を入れる。「牛フィレ肉 炭火焼き」¥2,800(100g)

【店主に聞いた】そんな『酉たか』の大人な客層


近所に住む大人の夫婦から遊びに来た若いカップル、奥の個室ならファミリー同士の食事会も。会社帰りの止まり木的な利用が多いとか。

月刊誌最新号は「世田谷のいい店」がテーマ!

最新号の購入方法はこちらでご紹介!

ネット購入なら、雑誌購読が一気に身近になる!
【ネットでのお求めは、AmazonもしくはFujisanで!】

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は1/21(火)から。

【日々を豊かにする世田谷の話題店】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo