オトナの恋愛塾~宿題編~ Vol.88

女が男の家で無意識にやっていたこと。たった2回で、結婚前提に付き合いたいと思わせたキッカケ

私たちはこれまでに散々、LINEデートのHow toを学んできた。

しかし、やっとの思いでLINEやデートに漕ぎ着けても、失敗の可能性は常につきまとうのだ。

あんなに盛り上がったはずなのに、突然の既読スルーに予期せぬ別れ。 恋人同士になれたかと思ったのに、いつまでたっても一進一退を繰り返す関係性。そんな経験、無いだろうか?

男女の関係を次に繋げる方法を学ぶため、あなたに宿題を出していこう。

さて、今週の宿題は?


「真由子。僕と結婚を前提に、付き合ってほしい」

食事中に、目の間にいる進次郎から突然の告白を受け、思わず箸が止まる。

進次郎は、正に絵に描いたようなモテる男だった。そんな彼が私のことを好きで、そして“結婚を前提に”なんて言ってくれるなんて、夢にも思わなかった。

「ほ、本当に私でいいの?だって私そんな美人でもないし、ミスコンみたいなタイトルがある訳でもないし…」

進次郎の周りには、いつも綺麗な人がいる。時にモデルさんのような人もいれば、芸能人の卵なのかよく分からないインスタグラマーのような可愛い女の子が死ぬほど寄ってきていることも知っている。

しかもつい最近まで、読者モデル上がりの美女と交際していたと聞いたが…。

「そんなの関係ないでしょ。僕は真由子がいいなぁと思って 」

進次郎は私を見つめ、優しく微笑んでいる。

美人な彼女を捨て、どうして私のような"中の上"くらいの微妙なランクの女に、結婚前提で交際オファーをしてくれたのだろうか?

【オトナの恋愛塾~宿題編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo