納得感のある高級店 Vol.4

上質な西麻布を体感できる!グルメな大人の心をくすぐる“愛媛ミシュラン”の本格割烹

都内に次々と誕生する高級店は大人として押さえておきたい。だがしかし、〝ただ値が張る〞だけのレストランはもうたくさん。

そんな今、知りたいのは、価格帯が高くとも、満足感を得られるレストラン。そう思って振り返ってみると2019年は良店が多かった。

ここでは付加価値があるからこそ納得できる、高級店のみをご紹介。

白木のカウンターは6席のみという特別感あり。落ち着いた空間は、デートにはもちろん、大切な仕事の会食にもおすすめだ


地方で名を馳せた星付き店が西麻布に進出
『和敬』

もともと日本人にとって最も身近な料理であるはずの和食。だが、割烹となれば敷居が高い、というイメージがどうしてもつきまとう。

派手ではないが地に足のついた料理が恋しくなったとき、訪れたい和食店が西麻布交差点に近い裏通りにひっそりと店を構える『和敬』だ。

店主の竹村竜二さんは愛媛県・松山市で『ミシュランガイド広島・愛媛版』で唯一の二ツ星を獲得した実力派。

鮭といくらの親子ごはん。中川一辺陶の土鍋で炊き上げた、鮭のマイルドな塩味といくらの濃厚な味わいがクセになる。食べきれなければ、おむすびにしてお土産にしてくれる心遣いも嬉しい


昨年末、東京進出を果たしたが、高級食材を多用し華やかさばかりを前面に出すのではなく、旬の味覚とおもてなしの心を大切に滋味深い料理を作るというスタンスは変わらない。

だが、和食の基本をしっかり踏まえたうえで、より料理に親しみを持ってもらえるよう、ほんのひとさじのアレンジを加える柔軟さも食べ慣れた大人の心を満たしている理由のひとつ。


八寸。からすみ大根や小海老のから揚げにたたみ鰯、粟麩田楽など。旬の食材を使い、季節の移ろいを感じさせるひと皿に。


先附け。長芋と炙りかます 菊花と合わせた土佐酢ゼリー。温かい具材とひんやりしたジュレの温度のバランス感を楽しみたい。酸味のアクセントの効かせ方も絶妙。すべて¥13,000のコースの一例。

入口からすぐの場所にある個室は3~6名用。会食に利用されることが多いが、2名での利用も可能。ふたりだけの特別な空間へと変わる


9品登場するコースが1万3,000円と真心を感じる価格設定だが、それをはるかに上回る満足感がここにある。是非とも足を運んでもらいたい。

月刊誌最新号は「2019年、間違いなかった店」がテーマ!

最新号の購入方法はこちらでご紹介!

ネット購入なら、雑誌購読が一気に身近になる!
【ネットでのお求めは、AmazonもしくはFujisanで!】

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は12/21(土)から。



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる 「神泡サーバー」をもらおう!
アンケートはコチラから!

【納得感のある高級店】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo