等身大の空間で絶品和食!最もデートの成功率が高いのはこれだった!

麻布十番という街の特徴のひとつは、堅苦しくない佇まいの店であっても、思いがけず美食にありつけるということ。これこそが十番デートが成功する要因であり、醍醐味でもあるのだ。その最たる〝十番らしい店〞に『りゅうの介』がある。


堅すぎない雰囲気ながら味は一流。その店選びこそ十番の上手な使い方
『りゅうの介』

馴染みある空気が流れる店で料理が絶品な場合、この街でその誘いはむしろ最強となる。

これ、〝十番上手〞の常套手段なのだ。麻布十番の路地裏にそんな条件に合致する『りゅうの介』という店が存在する。

テーブル席もある『りゅうの介』だが、抑えておきたいのは柔らかい曲線がふたりの緊張をほどく、このカウンター

無骨な鉄の階段を登れば、そこには小さな日本料理屋がある。どこか下町的風情もありつつ、実は2016年から3年連続ミシュランのビブグルマンを受賞している話題店。

店主の加賀田龍之介さんは、『なだ万』での経験含め和食歴25年になる熟練の料理人だ。「漁師になるか、料理人になるか」というほどの魚好きで、気軽に魚を美味しく食べられる店として8年前にオープンさせた。

この店のカウンターは、木の曲線がうまく活かされ、柔らかく緊張感を感じさせない。この温もりあるカウンターに、ふたり並び、背に大人な喧騒を感じながら、美食を堪能すれば、ふたりはリラックスして日本酒も進むことだろう

菜の花と平目こぶ締めの煎り酒おひたし¥1,280は、煎り酒の旨みに昆布、平目の旨みが合わさり、さらに日本酒の旨みが加われば至福のとき

旬の魚は刺身、煮付け、炭焼きなどで提供され、その味のよさに十番の大人たちは大満足。

フォアグラ茶碗蒸し ふかひれ餡¥1,080。裏ごししたフォアグラを卵と合わせ、鯛の出汁とふかひれで仕上げている

あさりと筍の釜炊きご飯¥2,780は、あさりの出汁で炊いたごはんに筍の香りが重なる4月の人気メニュー。釜炊きご飯は季節ごとに旬の食材を使用

長崎対馬ののどぐろ炭火焼き。脂がのって丸みがあり、箸を入れると魚が含んでいた水分が溢れ出す。¥5,980

そんなころ焼き魚が登場し、ふっくらジューシーな魚をシェアすれば睦まじさは急上昇。店は連日賑わい、その喧騒がカウンターでのデートをあと押しする。

会話が通りやすいよう自ずとふたりの距離は近づき、気取りのない雰囲気のなかでは冗談も言いやすい。

気を張らないこの空間で絶品和食を食べ終わるころには、当たり前のように、ふたりの心の距離も物理的な距離も近づいているというもの。

付き合う前のふたりにも最適な環境で、互いが自然体になれるのだ。まさに等身大の最上級。飲んで食べて笑って、そんな時間がふたりの関係性の決定打となるのだ。

大人は十番に辿り着く。本日発売の月刊誌「東京カレンダー6月号」は一冊すべて、麻布十番特集!

十番が使えてこそ、大人です。

「この街が似合うようになりたい!」なんて貴方のための麻布十番コンプリート特集!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は4/21(土)!

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo