〆なのに存在感は主役級!港区で発見した「ぜいたく丼」は後世に語り継ぐべき美しさ!

東京一艶やかな港区は居酒屋だって艶やかで、スペシャル!

西麻布交差点からも近い『田中田 西麻布店』には、この街の住人を納得させるだけの味とサービスがあり、人気を博している。

そして、訪れる人のほとんどが頼むという、港区らしい〆の一品があるという。


〆の一品までもとことん豪勢に。小さな丼にキュッと詰まった、究極の贅沢。
『田中田 西麻布店』の「ぜいたく丼」

名は体を表す。まさに、「ぜいたく丼」だ。

全国から届いた極上の海の幸が寿司屋ばりにそろっている『田中田』で、圧倒的な人気を誇る〆のご飯もの。

丼サイズ/小サイズ/極小サイズの3タイプがあり、写真は極小サイズ。

女性の華奢な両手にすっぽり収まる大きさの丼に、厚切りどころかサイコロカットとでも言いたい大トロ、きらめくイクラ、そして黄金色のうにをご飯が見えなくなるまでびっしりと盛り付け、小さいながら存在感は抜群。

これこそ“海の宝石箱”!この魅力に抗える者は、そうはいないだろう。

テーブル席、個室、カウンターあり。ユニークなトイレのサインなど、随所に遊びが効いている


5年前に西麻布へ進出してきた、博多の高級酒屋『田中田』。

豊富な食材に恵まれ、舌の肥えた客の多い福岡の中心地で鍛えられた店だけあって、上質な料理とお酒に目がない面々が集う港区でも、瞬く間に予約の取れない店に成長した。

カウンター上にはピッカピカの魚介類や旬の野菜が並び、九州の郷土料理「がめ煮」などのおばんざいが美しく盛られた大鉢がずらり。メニューはすべて時価だが、ひとりあたりの予算の目安は¥20,000~


その人気の秘密は、メニューの圧倒的な幅広さ。鮮度抜群の魚介類や「佐賀牛」、濃厚なスープがたまらない「博多水炊き」に、極厚トロをさっと煮る「トロねぎ鍋」など、その数百種超。しかも素材はすべてが極上。

さらに、これらを好きな量でオーダーできるのが強み。普段、会食続きの経営者がこぞって訪れるのは、こんなワガママが叶うから。

一見、牛肉のカツかと見紛うこちら、実は「まぐろのトロカツ」。衣だけを色づけるように素早く揚げたカツは口の中で融ける!

グッドルッキングな「西麻布モンブラン」は、ほうじ茶アイスを忍ばせて和テイストに

西麻布の交差点から、喧騒を避けるように奥まった住宅街の一角に店はある。外階段を下ると、趣のあるアプローチが


客のニーズに応えてくれる店は多いが、それを恐ろしく高い水準で成し遂げるのは至難の技。

港区の人々を満足させる味と自由度。ぜひ、体験されたし。

Photos/Yuji Kanno@SPOKE, Text/Haruka Koishihara

本日発売の月刊誌「東京カレンダー1月号」は、「港区」の高揚感を紐解く!

年末は「港区」でワクワクしたい!

「行けば必ず楽しいことが起こりそう」、そんな予感がする街「港区」。

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は11/21(水)!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo