病める時も、ふくよかなる時も Vol.12

結婚記念日の夜。プライドの高い夫が明かした、ずっと隠していた秘密

―病める時も、健やかなる時も。これを愛し、これを敬い、その命ある限り真心を尽くすことを誓いますか?―

かつて揺るぎない言葉で永遠の愛を誓い、夫婦となった男女。

しかし…妻が“女”を怠けてしまった場合でも、そこに注がれる愛はあるのだろうか?

8kg太り、夫の誠司から夫婦生活を断られてしまった栗山美月は、誠司の無理解に悩まされながらも痩せることを決意。

パーソナルトレーナーの甲斐とのダイエットで、ついに誠司から「綺麗だ」という言葉を引き出したが…


帰宅したばかりの薄暗いリビングで、誠司の目だけが濡れたように輝いている。

キスをお預けにされ、肩透かしを食らった形になった美月は、いつになく深刻な誠司の口ぶりに身を固くした。

「話って…?」

そう促すも、誠司はそれ以上言葉を発しない。

しばらく沈黙が続いたかと......


【病める時も、ふくよかなる時も】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo